人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ドメインの権利について教えてください。

あるWebプロダクションが、Webサイトを受注したタイミングで、プロダクション名義でクライアント用のドメインを申請しました。
ランニングでも「ドメイン管理料」という名目での支払いはされていなかったようです。
(月額更新費用という形での取引はあります)

その後3年程が経過し、クライアントの希望で業者を変えることになったのですが、そのプロダクションがドメインの権利を主張してきました。

明らかにドメインの名称はクライアントのもので、使用目的は明らかなのですが、そのプロダクションの主張は通るものなのでしょうか?

参考になる情報があれば教えてください。

●質問者: uchisuke
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:Web webサイト クライアント タイミング ドメイン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● andi
●30ポイント

http://www.nic.ad.jp/doc/jpnic-00816.html

JP $B%I%a%$%sL>J6Ah=hM}J}?K(J

JPドメインであれば「ドメイン名紛争処理方針」が公開されています。

いくつか関係がありそうなところをピックアップすると、


(b) 登録者が知る限りにおいて、当該ドメイン名の登録が、第三者の権利または利益を侵害するものではないこと

(i)登録者のドメイン名が、申立人が権利または正当な利益を有する商標その他表示と同一または混同を引き起こすほど類似していること


などが挙げられます。この辺を元に話し合われてみては如何でしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● Baku7770
●30ポイント

JPNICに調停を依頼してください。


例えばクライアントが山田産業、業者が山田ソフトでドメインがyamada.co.jpなら何とも言いがたいですが、そうでもなければJPRSへの告知義務違反と判断されます。

http://www.nic.ad.jp/ja/

$B<RCDK!?M(J $BF|K\%M%C%H%o!<%/%$%s%U%)%a!<%7%g%s%;%s%?!<(J</p>

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● 黒猫
●30ポイント

http://www.nihonno.jp/inform/domain/08.htm

?h???C??????-?h???C???????W?@??i?Q?l?j ???W????????W??A?????????????H

使用者と所有者が異なる場合は問題になりやすいみたいですね。

でも、商標権がクライアントにあれば不正使用・不正所得として取り消しを求めることができます。


ご質問の内容であればクライアントが有利だと思います。


なるべくなら、和解の形で権利を譲り受けたほうがいいと思いますが。


…もしご質問の意図とちがっていましたら、ごめんなさい。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● kibitaki
●30ポイント

http://www.ondatechno.com/trademark/4-4.html

ドメイン名の保護

類例を考えると、ドメインの意味合いが判断の基準になりそうです。

明らかにドメインが「クライアントのもの」=「クライアントまたは

クライアントを特定・一意に想起できるものを示している」のであれば、

プロダクション側はそれを超える(占有を主張するに足る)理由が必要です。

また、ドメイン申請自体がクライアントからの案件受注に伴って

行われていれば(ランニングではなく初期費用を確認して下さい)、

クライアントの所有物であり、プロダクションは登録を代行したとみなして良いと思います。

ドメインの種類によって異なりますが仲裁機関のページにある事例をお読みになり、

どの場合に当てはまりそうか確認した上で、先方と交渉してみてはいかがでしょうか。

http://www.ip-adr.gr.jp/jp_adr/jpdomain_top.html

日本知的財産仲裁センター

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● Cherry
●30ポイント

http://www.onamae.com/help/general/basis/?080

ドメインの基本 - ドメイン 取るならお名前.com

プロダクションとクライアントの間の契約によりますが、製作物や関連するのモノ所有権をクライアントが、全て所有するという契約になっていない場合は、下記のように 一般的なドメインのルールに基づいて、「ドメインの登録者」になっているプロダクションが、使用権を持っていると判断されることになると思われます.


この場合は、

1.プロダクションに 譲渡してもらうように交渉する

2.「ドメイン名紛争処理方針」が、決まっているので、その手続きを 行う(URL2を参考)

3.裁判で、権利を主張する

という 手続きになると思います.


(1つめのURLより)

Q:ドメインの使用権利は誰にある?

A:「ドメイン登録者情報」に記載されている、組織や個人に使用する権利があります。


http://www.nic.ad.jp/ja/drp/dispute-drp.html

$B%I%a%$%sL>J6Ah$H%I%a%$%sL>J6Ah=hM}J}?K(J

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ