人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

木材や色紙、コルク板など肉厚の材料にプリントできるプリンターは大抵業務用ですが一体いくらぐらいするのでしょうか。個人でコースターや壁飾りに使いたいだけなんですが。小さなもの専用でインクジェットでも4〜5万円ぐらいなら予算の範囲内です。できればA4サイズまで遊びたいですが。5〜10mm以上の硬質材でしょうか。3〜5mmの軟質材でもかろうじてOKです。できればレーザーで。予算の都合によりたぶんインクジェットで。

●質問者: miharaseihyou
●カテゴリ:コンピュータ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:インクジェット コルク コースター サイズ プリンタ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● keii-i
●10ポイント

http://www.i-love-epson.co.jp/nakajima/goods/tshirt/

肉厚素材を通せる個人向けのインクジェットプリンタ(CD-Rなどに印刷する)というものもあります。が、せいぜい3mmぐらいなので、コルク板などは辛いですね。


業務用の紹介というのではありませんが、個人で利用されるのなら、アイロンプリントを使われるのはいかがでしょうか?


アイロンプリント専用紙を使えば、通常の1?2万円程度で買えるインクジェットプリンタで、印刷したものを、厚みのある素材(布などのでこぼこしたものにも可)に転写でき、ある程度の耐水性もあります。

http://www.quick-art.com/ips_f.html

Quick Art【アイロンプリントシール】

アイロン転写用紙を扱っているショップ

◎質問者からの返答

アイロン転写用紙とはおもしろい着眼点ですが、難点があります。布やビニールレザーなどには圧着可能ですが木材コルク色紙などにはかなり難しいようです。サイトの見本は全て布などでした。できれば板材にプリントしたいのですが。


2 ● konkonta
●20ポイント

http://www.fxpsc.co.jp/products/300/

カラープリンター - Phaser 300

高価な専用紙に制限されず、トレーシング・ペーパなどの薄い紙からボール紙などの厚い紙、吸湿性の高い和紙まで幅広く対応。最大297×445mmのイメージをプリントできます。処理速度は当社従来機の50%アップ、プリント時間もA4サイズで1分/枚と高速です。

http://www.fxpsc.co.jp/products/phaser/index.html

カラープリンター Phaser シリーズ

その予算では足りなさそうです・・・

http://www.shimeitehai.co.jp/tpx/lp/info.htm

???[?U?[?v?????^

厚い紙ででこぼこがある素材はレーザープリンターに向いていないらしいです

http://www.e-close-up.com/cgi/gate.cgi

ご家庭で楽しむのであれば転写シールを利用してはいかがでしょうか?

◎質問者からの返答

予想外に高いのでびっくりしました。よく見たら印刷方式がちがうんですね。やはりこの手はコンシュマーユースの普及価格帯の商品はないものでしょうか。前の回答者の方も転写シールを勧めておられましたが単価がかなり高いうえ、あまり綺麗に張りにくい、やり直しがきかない、アイロン用意して手間隙かけてなどできれば避けたいのですが。もうすこしだけ開けておきます。


3 ● keii-i
●40ポイント

http://members.jcom.home.ne.jp/piqua-1/sub2-1.html

商品紹介

2度目になりますが、転写シートにも結構いろんな種類がありますので、ご参考までに。

http://www.alps.co.jp/brand/printer/md5500/index.htm

マイクロドライプリンタ//MD-5500

予算内にギリギリですが、こういったプリンタもあります。今は入手しにくい(直販のみ)ようですが、

http://www.alps.co.jp/brand/printer/md5500/family/katu.htm

MD-5500 ?????????p?p

クラフトマニアにも、それなりに人気はありました。このプリンタは熱転写のカラーリボンを使う方式ですので、消耗品代もそれなりにかかります。


2番目の方が紹介されていたフェィザーシリーズは、ロウのような固形インクを溶かしてインクジェット方式で吹き付けるというものです。通せるのは、せいぜい厚紙までなのでご希望の厚物への印刷には向かないでしょう。

http://www.shirakami.or.jp/~hiraizum/cake_1.html

??^?v?????g?P?[?L?T???v???^?a?????P?[?L

最近、各所で見られる写真入りケーキでも薄い可食シート(デンプン)に、可食インクを使い、通常のインクジェットプリンタで印刷しているそうです(やはり薄いシートに印刷してます)。


3-5mm厚に印刷できるプレートプリンタというものもありますが、ほとんどは単色です(リボンなのでラベルプリンタの大きなものというところ)

立体物の表面や厚物に印刷可能な特殊業務プリンタは、残念ながら100万?千万円の世界です。

◎質問者からの返答

多くの情報をありがとうございます。原理だけ考えれば、一枚ずつ用紙ではなく印刷機の方が動くような機械を想定していました。どうも考えが甘かったようです。転写シートのページも覗きましたが予算オーバーでした。マイクロドライプリンタの方はTシャツ専用みたいなもんですし、この企画(お遊びの)は諦めることにします。本当に残念です。返す返すもどうもありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ