人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

問1 数列{f(n)},{g(n)}の母関数をF(x),G(x)とするとき、次の問に答えよ。
(a) aF(x)+bG(x)に対応する数列を示せ
ただし、a,bは定数である。
(b) F(x)G(x)のx^2の項の係数を示せ

問2 次の定数係数の線形差分方程式の解を求めよ
f(n)=f(n-1)+f(n-2), f(0)=1,f(1)=1

●質問者: gurugurucafe
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:AF 対応 方程式 母関数 線形
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● montagne
●80ポイント

http://www.nishizeki.ecei.tohoku.ac.jp/nszk/zhou/im/2004PDF/im01...

問1はここの4ページ目を参照してください。

(a)は、{af(n)+bg(n)}

(b)は、f(0)g(2)+f(1)g(1)+f(2)g(0)

http://www.akita-pu.ac.jp/system/elect/comp1/kusakari/japanese/t...

問2においては、このページの14から25までを参照してください。

流れはつかめると思います。

こんなもんでよろしいでしょうか?

◎質問者からの返答

問1に関してはほぼ理解できました。

問2も頑張って理解したいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ