人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

柿本人麻呂の句「明日からは若菜摘まむと片岡の朝の原は今日ぞ焼くめる」の意味を解説してください。

●質問者: wishmaster
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:柿本人麻呂 片岡
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● chariot98
●20ポイント

http://madoka.sakura.ne.jp/waka/s_kokin_haru.html

明日からは若菜を摘もうとして、片岡の朝の原は今日は野焼きをしているようだ。

◎質問者からの返答

お答えいただきありがとうございました。


2 ● uniniko
●28ポイント

http://neige7.hp.infoseek.co.jp/ihon.htm

異本所載歌

片岡のあしたの原で野焼きの煙が上がっている。明日から若菜摘みでもしようと気が急いているのだろう。

◎質問者からの返答

わかりやすいです。ありがとうございました。


3 ● getnow
●12ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

戦の途中で今日こそ相手を倒し、この地の若菜を摘みたい(休みたい)。


ということだった気がします。

◎質問者からの返答

参考になります。ありがとうございました。


4 ● majigarin
●10ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1120835400#

人力検索はてな - 柿本人麻呂の句「明日からは若菜摘まむと片岡の朝の原は今日ぞ焼くめる」の意味を解説してください。

「明日からは若菜を摘もうとして、片岡の朝の原は今日は野焼きをしているようだ」ですかね。

◎質問者からの返答

参考になります。ありがとうございました。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ