人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「大手銀行が今後、進むべき事業」について、あなたのアイデアを教えてください。

具体性・現実性・収益性が高いと思われる方にポイントを高くしていきます。
国内・国外どちらでも構いませんが、トレンドを押さつつご回答ください。

●質問者: aoi-shizuku
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:あなた アイデア トレンド ポイント 収益
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● ushintaro
●5ポイント

http://pya.cc/index.php

pya!

ベンチャーキャピタル事業に力を入れるのはどうでしょうか?事業としてやるのでもいいですし、子会社として設立するのもいいと思います。

◎質問者からの返答

ベンチャーキャピタルって何ですか?

具体的かつオリジナリティに溢れた回答をお待ちしております。

URLにpya!を挙げるとは…。


2 ● chariot98
●13ポイント

http://www.sugamo.co.jp/

巣鴨信用金庫

巣鴨信用金庫の「盗人御用」みたいな、

利便性は低いものの安全確実に口座の中身を守ってくれるサービス。

銀行への信頼が低下している今だからこそ必要とされているサービスです。

手数料収入が得られるし、大口顧客も囲えますのでいいと思いますよ。

◎質問者からの返答

知りませんでした。面白いですね。

ただ、今回は「大手銀行が今後〜」と書いたので都市銀行にしかできないような事業を期待します。


3 ● sami624
●15ポイント

http://www.collaborate-ibaraki.jp/

?R???{???[?g?????

現在の外為取引は、企業が輸入をする際に、金融機関がL/Cを発行していますが、Eコマースの発達により、企業が直接サイトで海外取引相手を検索し、輸入信用状L/Cを

必要としない取引が増加しています。特に、米国では小額取引では従来のL/CやD/P、D/Aといった取引形態をとらないため、従来の手数料収入が減少したため、海外サイト作成者の認証事業を立ち上げ、当該取引先が?詐欺行為をしない取引先である?当該取引先が破綻したときの保障をするといったビジネスが発生しています。

従来は海外取引は現地に支店がある金融機関の紹介で取引開始をし、L/Cの付帯取引が発生していたものが、eコマースの発達により、取引相手の認証サービスを手数料ビジネスとする金融機関が今後増大していくでしょう。

◎質問者からの返答

なるほど。システムは確かに要です。いい線だと思います。

ただ、そのeコマースを使って二番煎じではないアイデアは他にありませんか?


4 ● komiyatakun
●13ポイント

http://bb.yahoo.co.jp/

Yahoo! BB - 入会案内

ある銀行が年金利3パーセントとかになって成功したら

マネして、他の銀行も金利あげるはずです。

ですから、政府グルミで、「さくら」を

雇う感じで、ある銀行に裏づけして

銀行全体の流れを変えて欲しいです。

それでいて3パーセントでも経営して

いける流れになって欲しいです。(無理か)

◎質問者からの返答

預金保険機構に支払う関係上、現状(0.001%)でも預金=赤字なんですよ。

3%まで上がったら破綻します。^^;

銀行業界は「誠実が最大のリスクヘッジになる」という意識になってきている時流、そのような方法は取るべきではありませんね。発覚したら

…。


5 ● a0003119
●10ポイント

http://suisougaku.k-server.org/

吹奏楽の楽器屋さん

地方銀行間でリスク管理のためシンジケートローンの取り扱いやシンジケートローン債権の取引が活発になっている状況から、地方銀行に対して最適なシンジケートローン債権の保有比率をアドバイスするなどといった、シンジケート債権のリスク管理サービスの提供という事業は大手でしかできないものではないでしょうか

◎質問者からの返答

ホスト役ということですね。みずほコーポが得意としていたように思います。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ