人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Let’s note 使っている方、C:¥util¥oxp¥tools¥showRHDD.js という、HDDのリカバリ領域を可視化するためのスクリプトの中身を教えてください。

●質問者: stealthinu
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:HDD js Let’s Note スクリプト リカバリ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● billywebcom
●40ポイント

HTTP://HOGE.COM

Hoge Lumber Company

///

///[FILENAME]ShowRHDD.js

///

///Pre-installation completion utility ”showRHDD” V1.0L10M06(2002/10/02)

///Copyright (C) Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. 2002

///

///Windows Scripting Host: JScript

///


varvbDebug= false;/// デバッグ中はtrue

var vbOK = 0;

var vbOKCancel = 1;

var vbCancel = 2;

var vbInformation = 64;

var vbExclamation = 48;

var vbQuestion = 32;

var vbWarning = 16;


var L_MsgBox_Title_Text = ”RecoveryHDD”;

var L_MsgBox_Message_Text = ”Recoveryドライブを見えるようにしますか?”;

var L_MsgBox_Message_Text2 = ”[OK]をクリックすると再起動します。”;

var L_MsgBox_Message_Text_A= ”管理者権限のあるユーザで実行してください。”;

var L_MsgBox_Message_Text_R=”第4エントリーにパーティションが見つかりました。¥nRecoveryドライブの設定変更が出来ません。”;

var L_MsgBox_Message_Text_RC= ”ハードディスクリカバリー領域がありません。”;


Main();

function Main()

{

var intDoIt;

var WSHShell;

//var fs;

var intOff;

var TestReg;

var TestReg1;


// シェルオブジェクトを作成

WSHShell = WScript.CreateObject(”WScript.Shell”);


// ファイルシステムオブジェクトを作成

//fs = WScript.CreateObject(”Scripting.FileSystemObject”);


///セットアップ開始の確認メッセージを表示

intDoIt = WSHShell.Popup(L_MsgBox_Message_Text + ”¥n” + L_MsgBox_Message_Text2, 0, L_MsgBox_Title_Text, vbOKCancel + vbQuestion );

// キャンセル

if (intDoIt == vbCancel)

{

WScript.Quit();

}


/// 管理者権限チェック(add for R1mk2)

try

{//レジストリにかきこめるかどうかでチェック

WSHShell.RegWrite(”HKLM¥¥SOFTWARE¥¥Microsoft¥¥Windows¥¥CurrentVersion¥¥run¥¥OXPRunOnce”, ”Dummy”);

WSHShell.RegDelete(”HKLM¥¥SOFTWARE¥¥Microsoft¥¥Windows¥¥CurrentVersion¥¥run¥¥OXPRunOnce”);

}

catch (e)

{// 書き込めなかったらNG

WSHShell.Popup( L_MsgBox_Message_Text_A, 0, L_MsgBox_Title_Text, vbOK + vbExclamation);

WScript.Quit();

}


///RECOVERYパーティションをEnableにする。

///情報を登録

TestReg = WSHShell.Run( ”C:¥¥util¥¥oxp¥¥tools¥¥HDEDIT.EXE /TestRegister”, 0, true );


///情報が登録出来なかったら時エラー表示して終了

if( TestReg == -2 )

{

intOff = WSHShell.Popup( L_MsgBox_Message_Text_R, 0, L_MsgBox_Title_Text, vbOK );

if (intOff == vbOKCancel)

{

WScript.Quit();

}

}


else if( TestReg == -3 )

{

intOff = WSHShell.Popup( L_MsgBox_Message_Text_RC, 0, L_MsgBox_Title_Text, vbOK );

if (intOff == vbOKCancel)

{

WScript.Quit();

}

}


TestReg1 = WSHShell.Run( ”C:¥¥util¥¥oxp¥¥tools¥¥HDEDIT.EXE /RegisterRecoveryDrive”, 0, true );


///情報が登録出来なかったら時エラー表示して終了

if( TestReg1 == -2 )

{

intOff = WSHShell.Popup( L_MsgBox_Message_Text_R, 0, L_MsgBox_Title_Text, vbOK );

if (intOff == vbOKCancel)

{

WScript.Quit();

}

}


else if( TestReg1 == -3 )

{

intOff = WSHShell.Popup( L_MsgBox_Message_Text_RC, 0, L_MsgBox_Title_Text, vbOK );

if (intOff == vbOKCancel)

{

WScript.Quit();

}

}


///Mode変更

WSHShell.Run( ”C:¥¥util¥¥oxp¥¥tools¥¥HDEDIT.EXE /SetRecoveryMode EDIT”, 0, true );

///WSHShell.Run(”C:¥¥util¥¥oxp¥¥tools¥¥HDEDIT.EXE /ShowRecoveryDrive”);


if (vbDebug)

{

intDoIt = WSHShell.Popup(”再起動します”, 7, L_MsgBox_Title_Text, vbOKCancel + vbInformation);

// キャンセル

if (intDoIt == vbCancel)

{

WScript.Quit();

}

}

WSHShell.Run(”C:¥¥util¥¥oxp¥¥tools¥¥REBOOTEX.EXE” );

WScript.Quit();


}

◎質問者からの返答

ありがとうございます。望みどおりの内容なのですが、望むことはできないということがわかってちょっとしょんぼりです。

hdedit.exe コマンドがないとだめなのかあ。むう。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ