人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

実在の街などを漫画・アニメ・ゲームなどで取り扱う場合の
各種対処について教えてください。
・公的機関が出てくる場合の手続き
・民間の建物などが出てくる場合の手続き
・逆にそれら媒体に企業などを出す際に、メリットなどはないか
(広告収入などが見込めるか。見込めるとしたらどのような対応が適切か)
これ以外にも必要な手続きやメリット・デメリットなどありましたら
広く教えていただきたいと思います。
具体的な回答ほどポイントを多めにしたいと考えています。

よろしくお願いします。

●質問者: coranblue
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:アニメ ゲーム デメリット ポイント メリット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● morningrain
●45ポイント

http://www.manga-gai.net/know/sodansitu/2003_12_06.html

こちらの質問の答えにあるように建築物にも著作権はあります。ただ、著作権には期間というものがりますので、古い建物の場合にはだいたい気にしなくていいと思います。

http://houseikyoku.sangiin.go.jp/column/column005.htm

法制執務コラム集「著作権の対象―国会議事堂は著作物か―」

また、こちらのページに建築物の著作権についての要件が以下のように書かれています。


著作権法では、建築物なら何でも「建築の著作物」となるとは解されていません。先ほどの定義にあったように、建築物が著作物といえるためには、創作的でなければならないとされています。絵画の場合には子供の描いた絵であっても創作性があるといえますが、何の変哲もない四角いビルや普通の住宅といった建築物の場合には、そこに建築した者の創作性が表れておらず、著作物ではないとされています。したがって、著作物となるのは、城郭、宮殿、博物館などのように、建築芸術といえるようなものに限られます。


というわけで、一般的な建物に関しては特に著作権を気にする必要はなさそうです。


http://www.manga-gai.net/know/sodansitu/2004_7_29.html

ただ、具体的な店の名前や商品が登場すると、商標権の侵害やストーリーによっては名誉毀損などになる可能性もあります。

http://www.h-yamaguchi.net/2005/03/post_23.html

H-Yamaguchi.net: マンガにもプロダクトプレースメント

実在の商品とのタイアップですと、ミズノと「MAJOR」の例があります。

ただ、映画と違ってこういったタイアップはそれほどないようですね。これもあくまで個別のケースだと思います。

◎質問者からの返答

範囲の広い質問にいくつも例を挙げていただきありがとうございました。


2 ● くまっぷす
●45ポイント

http://www.film-com.jp/

全国フィルム・コミッション連絡協議会

映画などの撮影の場合だと今はいろいろな都市に「フィルムコミッション」がありますので問い合わせてみては?

ご心配になっているポイントについての支援活動を行っているようです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ