人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

岩手県陸前高田市の「歳祝い」(厄祓い=)は、なぜ男も数え33歳でやらなければならいないのでしょうか。
何か納得できる情報を教えてください

●質問者: yabuinu
●カテゴリ:旅行・地域情報 生活
✍キーワード:岩手県 祓い 陸前高田市
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● pivote_7
●25ポイント

http://www.tabiken.com/history/doc/S/S203L100.HTM

http://www.oyamadera.jp/04.html

雨降山 大山寺

http://www.kikimimi.net/RAMUNE/ramune_main77.html

お茶ウケな話

http://www5.ocn.ne.jp/~kasuga-m/yakudoshi.htm

お参りの作法

http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/77/7721/772120.htm

772120?u???{?l????????i?l???V???j?v

以上、だらだらとURLを掲げてますが

一番見ていただきたいのは3つ目、次が2つ目で、あとはオマケです


説得力が無い回答な気がするのですが

この質問に非常に興味がわいたので回答を寄せさせて頂きました。


上記URL以外にも色々検索してみて、考えたのですが

そもそも厄年なるものは本来土地によって年齢等が違っているものを

後にむりやり全国統一(?)したフシが見受けられます。


考察するに、「女・33歳」の起源がそもそも

「男女問わず33歳」と言う形で陸前高田にあった厄年の伝承に拠る、のではないでしょうか?

そして他地域にも「女性の33歳」と言う厄年があったため

「女は33歳」と言う事で統一基準が後から出来たのでは・・・

◎質問者からの返答

なるほど。

「源氏物語」の記述なんかは確かに、

説得力があります。


2 ● ryohu
●25ポイント

http://www.sanoyakuyokedaishi.or.jp/domani.htm

???N?????????W?L??

近隣在住のものです。

私も、1月2日に実際厄払い(本厄)をやりました。


私が先輩から聞いた話では、「33の女大厄の時は、男性が(厄払いの)準備をしてあげる」

「49の(男大厄)時は逆に女性が、男性の厄払いの準備をしてあげる」

ために、男女共に、すべての大厄の時に一緒に厄払いをすると聞きました。


「厄払い」とありますが、実際は、みんな顔をあわせるクラス会のような感じになってますよね。

◎質問者からの返答

そうなんですよ。>クラス会

ちなみに、幹事は女性でした。(;^_^A

ありかとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ