人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

歯科衛生士になる場合は衛生士学校を出て国家試験を受けて合格をして免許を修得するのですが
例えば
現在歯科医院勤務の歯科助手が衛生士になろうとする場合、勤務を続けながら通信教育等で勉強をし、国家試験を受けるようなシステムはないでしょうか?

●質問者: nabemasa
●カテゴリ:就職・転職 医療・健康
✍キーワード:システム 免許 勉強 合格 国家試験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● omega2000
●18ポイント

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=28135

OKWave 歯科衛生士になるには・・

http://www7.plala.or.jp/tsu-kyo/sikajosyu.htm

〆歯科助手 通信教育 通信講座 資格〆

◎質問者からの返答

1番目

やっぱり学校に行かないと国家試験の受験資格が得られないんですかねぇ。。。

3年とか4年とかかかってもいいような、通信精度で受験資格が得られたらいいのに(大検みたいな)


2 ● newmemo
●18ポイント

http://www.sdhc.ac.jp/gakka/gakka/night/index.html

夜間部を併設しています。質問者さんが、通学できるエリアにお住まいで

勤務先のご理解が必要となりますが。

http://www.sdhc.ac.jp/index.html

新大阪歯科衛生士専門学校

上記のトップページです。

◎質問者からの返答

なるほど!

残念ながらエリアが違いますが、こういった学校が増えてきたらいいいですね


3 ● gim
●18ポイント

http://jdha.or.jp/dh/dh01.htm

現在、歯科衛生士の国家試験受験資格を得る為の学校は、全日制しかないようです。

◎質問者からの返答

実際の臨床で助手として経験をつんだ方が、衛生士になる道がもっと開ければいいんですけど


4 ● Dental_Coga
●18ポイント

http://homepage3.nifty.com/dental-coga/

?\????????????@??TOP??

歯科医師です。

もちろん現時点ではという前提で書きますが。(状況が変わるという話も聞いたことがないですが。)


臨床を実際に知っている人が云々というのは、正直同感ですが、建前というか、現実は逆ですね。

まず、学問で知識(いわゆる講義や基礎実習、前期後期の試験など)を習得し、その後に大学病院などで、資格のない者として臨床実習を経て、あらためて国家試験を受け、それをクリアした者が、実際に患者さんの治療や、その補助にあたる・・・のが建前であり、正論でしょう。

で、現実問題として、ほとんどの専門学校や短大が昼間しかやっていないわけです。

何よりも臨床実習は大学病院だとか診療所でするものですから、通信教育ではここがクリアできないことになりますね。夜学でも、なかなか夜に実習生を引き受けるところとなると(夜間診療しているところは、メチャメチャ忙しいですから)見つからないことでしょう。


話が逸れましたが、現時点では、(昼間?)勤務をしながら、国家試験を受けるところまでのシステムは存在しないと思いますよ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

現時点では厳しいみたいですね。国家試験、免許である以上、そういうシステムをとるのが今のところ一番なのでしょうね

通信制で歯科助手の講座があるので、もしかしたら、通信制で何か資格が取れ、試験を受けて国家試験の受験資格が得られるようなシステムがあればと思った次第でした。

それだけに歯科衛生士の学生のクオリティの維持、しっかりやっていって欲しいと思いました。

皆様ありがとうありがとうございました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ