人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高校化学についてお聞きします。『原子(イオン)半径』が原因による(関与する)化学、物理的性質(例えば酸化力の強さ、密度など)を考えられるだけ御教授ください。

●質問者: tengen
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:イオン 化学 原子 教授 物理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● minyakichu
●25ポイント

http://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/crown/crown.html

?N???E???G?[?e????b

クラウンエーテル環の中心部にフィットするイオンは環の大きさとイオンの大きさが関与するようです!

http://architecture.chips.jp/design/kogoto/kogoto5.html

404 error

ナトリウムとカリウムでの比較。

各塩化物水溶液にしたとき、水分子の運動が異なるそうです!

http://www.istone.org/element/hf.html

?n?t?j?E??

ちょっと外れますが、同じイオン価と半径を持つものは似たような振る舞いをするということ。


電気陰性度から派生させて考えるといろいろ有ると思いますが、純粋に「大きさ」で考えたら上の二つが見つかりました。


http://www.jo-bu.co.jp/chemi-glass.html

株式会社 上 武

おまけです。ちょっと面白かったので・・・・

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● aki73ix
●25ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%82%AC%E3%83%8...

アボガドロの法則 - Wikipedia

理想気体とは異なり実際には原子は半径がある粒子なので、高圧下などではボイルの法則やアボガドロ法則が成り立たなくなる


その度合いはイオン半径にかなり依存します

http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/2005/05ko1-05.html

イオン

静電気的引力は原子半径の2乗に反比例するのでイオン化エネルギーは半径が大きい元素ほど小さくなります


最外殻電子が同じ原子のイオン化エネルギーが族によって大きな違いがあるのもこのあたりに関係しています


電気親和力(電気陰性度)もこれと同様です


これに関連して、原子半径が大きいとあまり原子間が近づけないために、結合エネルギーが小さくなりますが、原子半径は間接的にかかわっていて、直接関係するのは原子間距離になります

原子間距離に関するこの性質から原子半径の大きい金属はやわらかい傾向があります(金属格子の強度の違いなど)が密度などの違いも、この原子間距離が直接関係するものです


密度はイオン半径

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A...

ヒューム‐ロザリーの法則 - Wikipedia

高校化学ではちょっと習わないのですが

参考までにヒューム‐ロザリーの法則というのがあって、原子半径の差によって固溶度が変わるというものがあります

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ