人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近自殺された国会議員の方の亡くなった原因は何だったのでしょう?
私は政治には詳しくないので、なるべくわかりやすくお願いします。

●質問者: jyouseki
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:国会議員 政治 自殺
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● sanbo-n
●30ポイント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050802-00000201-yom-soci

もともとハードな仕事でしょうから、大変なことが多かったのでしょう。

昨年から精神疾患でうつ症状と診断され投薬治療をしていたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050802-00000001-mai-pol

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050802-00000070-kyodo-pol

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050801-00000119-kyodo-soci

それに加えて、

派閥間の軋轢や、ここのところの郵政民営化で週刊誌に叩かれたり、ときっといろいろ複雑に入り乱れて苦しかったのでは、というのが報道された中からの印象ですが、本当のところは本人にしかわからないところなのでしょう。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

前から精神疾患でおられたとは知りませんでした。


2 ● TomCat
●30ポイント

http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly01.htm

茨城新聞ニュース

何を言っても憶測にしか過ぎませんが、

報道されているところをつなぎ合わせると、


・議員は郵政民営化関連法案に反対する

亀井派に属していた。


・議員は党総務会で郵政民営化法案への反対を表明、

そこで党執行部から厳しい締め付けを受け、

7月5日の衆院本会議の採決では無念の賛成票を投じた。


・そのことで地元の有力支持団体などから

絶縁扱いに近い強い風当たりを受けた。


・議員は7月中旬から体調を崩していた。


・死去の前夜、奥さんに「選挙ってつらいな」と語り、

ひどく悩んでいた様子だったらしい。


・山口武平自民党茨城県連会長によると

派閥と党との板挟みになって相当悩んだのではないか、

役人出身でまじめな人だったから、とのこと。


というわけで、解散総選挙の憶測も流れる中、

党と派閥と地元支持団体の間で板挟みになり、

体調を崩していたこともあってかなり心身共に消耗していた、

との推測が成り立ってくるようです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

「派閥と党との板挟み」を再回答で教えていただけますか?

わかりやすくお願いいたします。


3 ● aki73ix
●30ポイント

http://www.asahi.com/politics/update/0801/005.html

昨日の新聞に詳しく載っていましたよ


どうも、郵政民営化に自らの政治信条を曲げて賛成したことによって、地元や援助団体から圧力がかかったり

郵政民営化問題が、次期選挙で地元のライバルに追い風となり、対抗するだけの余力がなくなり、今後のことに対する不安が原因になったのではないか、などということが書かれていました

http://www.nikkansports.com/ns/general/personal/2005/pe-050801.h...

nikkansports.com > 社会TOP > おくやみ

亀井派の同僚議員は郵政民営化問題で自殺したとは思えないとインタビューに答えていましたが、板ばさみになったのは明確で、批判文書や、嫌がらせ文書がFAXやメールなどで届いていたそうです

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


4 ● gogokame
●10ポイント

http://www.geocities.co.jp/Beautycare/1849/sinnri.html

?T?a??S??

真実には遺書がないため本人しか分かりませんが、鬱病による自殺といわれています。

jyousekiさんは精神の病について勉強されているようで分かると思いますが、精神の病気の中には自殺をを考えてしまうものがあります。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

もちろん、精神疾患と自殺は隣合わせです。


5 ● p00437
●20ポイント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050801-00000414-yom-soci

永岡洋治衆院議員は学歴を見ますとエリートですが、選挙には2回落選し、中村喜四郎元建設相の失職に伴う2003年4月の衆院統一補選で初当選し、現在2期目だったのですが、今回の郵政民営化に衆議院の採決時にかなりのお金が動いたと聞いています。永岡議員にとっては、党と派閥と支援団体の板ばさみになって選挙の事を考えると自分の行き先がすべて塞がってしまったのでしょうね。まじめな若手政治家を失った政界にとっては将来的に見て大きな損失になると思います。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ