人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Accessで、2つの時間の間の長さが30分以下なら0.5
30分より大きく1時間以下なら1
1時間より大きく1時間30分以下なら1.5
1時間30分より大きく2時間以下なら2
以後ずっと続いても計算できるようにクエリに記述する関数をDateDiffとIIFを使って作ってください。
IIFを上記の各時間ごとに入れ子にするものは不可です

●質問者: sugisaku
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:access クエリ 計算 記述 関数
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● soan_4q
●60ポイント

http://www.moug.net/boards/index.htm

???[?OQ&A?f????

時間差: Int(DateDiff(”n”,[テーブル1]![開始],[テーブル1]![終了])/60)+IIf((DateDiff(”n”,[テーブル1]![開始],[テーブル1]![終了])-Int(DateDiff(”n”,[テーブル1]![開始],[テーブル1]![終了])/60)*60)=0,0,IIf((DateDiff(”n”,[テーブル1]![開始],[テーブル1]![終了])-Int(DateDiff(”n”,[テーブル1]![開始],[テーブル1]![終了])/60)*60)>30,1,0.5))


・・・開始と終了の間の時間を計算します。


解体するとこうです。

分数: DateDiff(”n”,[テーブル1]![開始],[テーブル1]![終了])

時間数: Int([分数]/60)

端数: [分数]-[時間数]*60

時間差: [時間数]+IIf([端数]=0,0,IIf([端数]>30,1,0.5))

◎質問者からの返答

ありがとうございます

Very Thanksです

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ