人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【起業経験者の方に聞きたい!】起業を考えており、事務所(仕事場)の形態について知りたいと思います。
質問は3つです。
<質問1>
正式に法人を立ち上げての起業を考えた場合、事務所(仕事場)なしで活動はできるのでしょうか?

<質問2>
事務所の形態はおおむね以下の3つと考えるが正しいか?
?自宅権事務所(仕事場)
?事務所(仕事場)を別の場所に借りる
?インキュベータ施設を利用する

<質問3>
上記のそれぞれのメリット・デメリットを教えてください。可能なら経験者を希望しますが、該当情報のあるHPでも結構です。
質問1が間違っている場合は、正しい答えとそのメリット・デメリットも教えてください。


●質問者: nama0622
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:デメリット ベータ メリット 希望 形態
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● myfairlady
●15ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

<質問1>

業種・業態、雇用の可能性の有無によりますが、基本的には可能だと思います。

弊社は創業時は、自宅を登記しました。

http://www.ginza-bc.co.jp/

レンタルオフィスの銀座ビジネスセンター

<質問2>

?他社と共同事務所

?インキュベーターでなく、上記のような、時間貸しレンタルオフィス利用(登記可能)

があると思います。

http://www.onlineshop.co.jp/before/old/00-8/000823.html

?I?????C???V???b?v???????? 00/08/23

<質問3>質問1にも書きましたが、業種、業態、雇用の有無etcによります。また、事業規模をどのくらいを見込んでいるのかも影響します。自宅兼であれば、当然販売管理費は極めて少なくなりますが、人を雇う・来訪者を招く等に制限がでます。人によっては信用問題をあげる人もいますが、私の創業時の場合は信用問題はさして気になりませんでした。人を雇う上で限界がでたので事務所を借りざるを得なかったです。

◎質問者からの返答

時間貸しオフィスも登記できるのですか、しりませんでした。

丁寧な回答ありがとうございます。


2 ● idetakato
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1123730991

人力検索はてな - 【起業経験者の方に聞きたい!】起業を考えており、事務所(仕事場)の形態について知りたいと思います。 質問は3つです。 <質問1> 正式に法人を立ち上げての起業を考..

私の経験談から記しますと、<質問1>無くてもできるでしょうが、有ったほうが、お客様への信頼感などの印象が随分と良くなりますし、自分の1日の仕事の中でメリハリをつけることができます。間違いなくあったほうが良いです。

<質問2>私は?の別にするが良いと思います。

自宅兼用ですと、どうしても公私の区別がつきにくく、仕事以外の雑用(家族のを含む)に巻き込まれ易いからです。?のインキュベータ施設も一長一短あります。私の知り合いで、インキュベータ同士、仲良くなれ、情報交換ができたという長所の反面、世界(視野)が狭くなり、インキュベータ施設から出るときに、精神的に切り替えられなかったようです。世間の荒波に揉まれなかったからだそうです。まあ、これは性格の問題もあるでしょうから、一概には言えませんが。

<質問3>は、上記内容でほとんど述べましたので詳しくは記しませんが、事務所を別の場所にきちんと家賃なり経費を払って借りる。そこからをスタートと決め、自分に甘えず起業初期から、一人前の起業人としての自覚を持ち、どんなに小さくても、お客様や取引先の人を堂々と自分の城に呼んでビジネスできるようにする。

その心構えが無いと起業はできません。ご参考までに。

◎質問者からの返答

忙しい中、丁寧な回答を

ありがとうございます。


3 ● Hibi
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

URLはダミー


<質問1>

できると思います。

ただ、どのような仕事を行うかにもよると思います。

また、事務所がないということはお客さんとの連絡を取る電話がないということになります。

もし、携帯電話で行うのならお客様に対してそのようなことが理解していただけるならいいですが。

また、郵便物等はどうするかも問題です。


<質問2>

だいたはその3つがほとんどですね。

それ以外に他の業者等の部屋の一部を借りる方もいます。(机だけ置くとか)


<質問3>

私は自宅兼事務所で仕事を行っています。

その場合のメリットとしてはいつでも仕事を行うことができ、家のことも兼用で対応できます。

また、家賃もないのがメリットかと思います。

デメリットとしては仕事と私用の区別がはっきりしないことでしょうか。これは、人によって考え方が違います。

また、来客時には自宅での対応となるのでお客さんが気を使ってしまうということがあります。

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございました。

お忙しい中時間をいただき恐縮です。


4 ● saoyagi
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1123730991#

人力検索はてな - 【起業経験者の方に聞きたい!】起業を考えており、事務所(仕事場)の形態について知りたいと思います。 質問は3つです。 <質問1> 正式に法人を立ち上げての起業を考..

URLはダミーです。


<質問1>

もちろん可能です。実際、私は法人化していますが、仕事場も登記も自宅です。


<質問2>

付き合いのある会社のオフィスの一角を間借りするという形態はよく見かけます。

法人化していても作業実態として派遣のような形の場合、特に事務所を構えず業務は相手先のオフィスで行うという形態もあります。

普通はありませんが、事業形態と資金量によっては事務所を最初から保有するという方法も考えられます。


<質問3>

(1)自宅兼事務所(仕事場)

メリット:費用が少なくて済む。通勤時間が掛からない。服装はラフでよい。時間の融通が利き、主婦で起業などの場合家事との両立がしやすい。

デメリット:人を雇用しにくい。自己管理が出来ていないと作業がはかどりにくい。打ち合わせなどで顧客が呼びにくい。業種によっては信用を得られない。外出が少なくなり、引きこもりのような状態になりやすい(運動不足、世間の動向からのズレなど)


(2)事務所(仕事場)を別の場所に借りる

メリット:人を雇ったり、顧客を迎えることが容易。信用を得やすい。

デメリット:費用が掛かる。


(3)インキュベータ施設を利用する

メリット:(2)に加えて、さまざまな起業支援を受けられる。同じ施設の他の事業者と交流できる。

デメリット:付加価値の分(2)より費用がかさむ(自治体主催で逆に格安のものもあります)


・オフィスの一角を間借り

メリット:費用が少なくて済む。電話やコピー機などのオフィス機能を共用できる。

デメリット:自宅兼事務所ほどではないが、信用が得にくい。


派遣先で作業

メリット:費用が少なくて済む。業務のための設備が不要。

デメリット:設備を相手負担とする分、報酬が少なくなる。


考え方は人それぞれですし、業態業種によっても最適な方法は違うでしょう。私の場合は不要な費用は掛けないために自宅事務所を選択しました(営利追求という企業として当然の姿勢)。費用の中でも固定費は少なくて済むなら少ない方がいいです。その分、とりえる選択肢が広がりますから。


信用が得られないという問題もありますが、どうせ起業したての会社なんて信用はないんです。信用は仕事をしていくうえでの実績で築くしかありません。事務所が信用を生むのは、事務所に見合うだけのスタッフと金を事業として回しているからこそ得られます。分不相応な事務所を構えていた場合、見栄っ張りで中身の無い奴とみなされて逆に信用されない事もありえます。


nama0622さんの起業がうまくいくといいですね。

◎質問者からの返答

丁寧にまとめていただき、感謝します。

ありがとうございました。


5 ● umi-marine
●15ポイント

http://www.hatene.jp/1123730991/##

法人を立ち上げるのに本店をどこにするかのこだわりはありませんでした。

ただ、どうしてもこだわりたい社名があり、登記上その区域に類似商号があって登記ができない

場合に、可能な場所に本店を登記し、後日移転登記をしたことがあります。

事務所にかんしては業種によるかと存じますが

あえて思いますのは必要ないかと思います。

自宅が可能であればそうされる方がいいと思います。

自宅が事務所のデメリットはないと思いますが

危惧されるのは、最悪の事態を想定された場合かと思います。

なにかと経費のかかることばかりで、当初は倹約が可能であれば成功、軌道にのってからいろいろと

準備されればよいかと存じます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ