人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

郵政民営化について
公社の直近の財務諸表(http://www.japanpost.jp/top/disclosure/pdf/financial16.pdf)を見てみました。そこで質問。

「民営化の目的て、民間に資金を流すよりもずーーっと、公務員を民間にして、安易な国債の引き受け手を1つ減らすことで(国債発行の運用が慎重にならざるを得ないから)政府の予算削減ってことでOK?」

以下そう思う理由。

貸借対照表 資産の部
有価証券中、国債+地方債が186兆、預託金として118兆のあわせて304兆円が国への貸付。
負債の部
貯金211兆と簡保準備金119兆のあわせて330兆円が国民からの借金。

今後、民間に回す資金を得るために郵便が国債買わないorたくさん売るなんてつったら価格降下&金利暴騰だから動けないっしょ?つまり、国民から預かったお金はほとんど国に固定されてるイメージ。使える現金などは9兆円。民間にお金流すてもちょろっと、でしょ、これ。

民主党が言うように預金250兆円の保険100兆円の資産は確かに大きいけど、あんま動けないから民営化が成功しても民業をあまり圧迫しなそうだねーと思うのよ。

●質問者: satosu
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:お金 ほと イメージ 予算 価格
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● yusuke1234
●4ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

僕もsatosuさんと同じように思います。

でも、民営化は難しくなってきましたね!

◎質問者からの返答

わたしは上記に書いたようには思えないフシもございます。

おっしゃる民営化が難しいとは、

1.いわゆる「民営化」が実現しそうにない

2.民営化法案が通らない

3.この質問でいう 民営化=予算削減 ができそうにない

4.その他

などなど考えられますー

んー、どれ?


2 ● p00437
●28ポイント

http://www.blog-headline.jp/archives/2005/07/post_906.html

ブログで情報収集!Blog-Headline: 郵政民営化法案 賛成

「公務員を民間人にして」と言うところは郵政公社の場合は、郵便事業で給与関係は賄っているので民間になってもそれほど変わりません。預託金が外国(アメリカ)に流れるのが問題視されているのです。3事業のうち貯金・保険はもっと縮小するべきで民営化して拡大するべきではないと感じています。

◎質問者からの返答

見通しがないまま、基軸通貨をもったアメリカへの資金の流れがストップしちゃうと、僕、困っちゃいますー。日本はどーすんのか、早く大きな絵を描かないといけないってことかしら。

貯金と保険を縮小されるべきだって話は、竹中さんも、民主党も同じ主張ですね。あとは民営化したら肥大化するか、縮小するか、の違いか。

ありがとうございます。


3 ● sami624
●28ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

?g?????O??

郵政民営化の事前段階で議論されたのは、財投により不良国営事業へ貸付をしてるので、問題だということになったのです。よって、財投経由ではなく、国際経由で不良国営事業に資金が流れているだけです。

民営化をすれば、国営事業に資金を回す必要性がなくなり、自由な投資分散ができるというのが理屈です。

◎質問者からの返答

金利上昇シナリオかー。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ