人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

セットバック手術で、上顎がひっこみすぎてしまいました。歯が奥まってしまった感じで笑顔に華が無くなってしまいました。
これを直したいのですが再手術はとても大変で、しかも2年ほどの歯列矯正も必要とのことです。
ラミネートベニアは歯の厚みが増してしまうのが欠点だそうですが、私のような場合逆にこれによって改善されると期待していいのでしょうか。
通常歯の厚みが出ないようにするために自分の歯の表面を削ってからセラミックチップを貼付けるそうですが、私のように前に出てもいいという場合、自分の歯を削らずにやってもらうこともできるのでしょうか。それとも削らないとデメリットがあるのでしょうか?

●質問者: M1566
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:はと セラミック チップ デメリット ベニア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● moririto
●40ポイント

http://www.88-8880.com/tec/selamic2.html

セラミック法とは

ラミネートベニアによって歯を厚くして、歯を前方に出せる量はせいぜい数ミリです。改善は望めないと思われます。

セラミック法(陶材焼付鋳造冠)等によりもっと大きく歯の位置を変えないと、表情には影響しないと思います。


http://www.harada-dental.com/0783/001.html

出っ歯(上顎前突)の治療法(セラミック法と矯正歯科の比較)-原田歯科医院

セラミック法により歯の位置を変えるためには、健康な歯を大きく削らなければならないため、お勧めではありません。

また手術により上顎が後方移動している場合、歯茎も後方に下がっています。歯だけ移動させても改善しないかもしれません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ