人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

シルクロード学の研究(発掘等含む)を今後していきたいと考えておりますが、
?研究をするのにふさわしい研究機関
?その研究機関への入り方
?同様なことを考えている方々
について教えて頂けないでしょうか?
(みなみに私は、26歳の会社員です。当面の間、会社員をやりながら研究をし、その後に研究機関に移れたらと考えておりす)

●質問者: T-H
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:みなみ シルクロード 会社員 機関 研究
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● akimi
●75ポイント

http://www.toyo-bunko.or.jp/

財団法人東洋文庫 The Oriental Library

学生時代に歴史学や考古学は勉強なさいましたか?

(老婆心ながら、やはり多少の素養はあった方が良いのでは、と思いますが……)


当方、10年以上前にシルクロード史について卒論を書きました。

その時の経験から、多少お力になれれば、と思い、解る範囲で「1」について回答させて頂きます。


まずは東洋文庫。

由緒もあり、所蔵資料もかなりあります。

また、こちらHPの「研究所活動」の項目に、内陸アジア研究チームがあります。

(ただし、おそらくは出土文物(文書)の研究がメインのように思われます)

http://wwwsoc.nii.ac.jp/sias/index.html

内陸アジア史学会 - SOCIETY OF INNER ASIAN STUDIES

内陸アジア史学会

「関係学会・研究会」の項目にある

「内陸アジア学フォーラム」では、シルクロード関係の研究報告も行なわれているようです。

こういうところから、まず参加していかれるのも良いかと思います。

http://database.littera.waseda.ac.jp/silk/

一昔前でしたら、早稲田のシルクロード調査隊が有名でしたが……

もう活動は行なわれていないようです。


現地での発掘活動に関しでしたら、

URLは見つけられませんでしたが

やはり中国の新疆ウイグル文物局、新疆文物考古研究所が一番なのでは?と思います。

現在進行形で調査をしている機関ですし、

自分も、こちらの報告書を資料として論文を書きました。


2番、3番に関しては回答できずに申し訳ありません。

少しでも参考にしていただければ幸いです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ