人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

提携カードについて教えてください。楽天カードやまぐまぐカードなど、提携カード
がありますがこれはどのような提携内容なのでしょうか?たとえば、セゾンカー
ドは以下のようにHPで紹介しています。
http://www.saisoncard.co.jp/qa/qa016.html
新規カード発行に対する手数料、カードの売上の一部を還元するロイヤリティを
提携先企業に支払うというものはまず考えられます。これは大体いくら位(何%)
払っているのでしょうか?また、提携企業側にはその他にどのようなメリットが
ありますでしょうか?セゾンのHPに書いてある以外のことをご存知の方、教えて
ください。

●質問者: boblog
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:HP まぐまぐ カード メリット ロイヤリティ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● morningrain
●40ポイント

http://www.nri.co.jp/opinion/c_news/2002/pdf/rn20020604.pdf

まず、提携カードと言っても、このPDFファイルによれば自社カードと提携カードがあります。

質問であげられている楽天カードは自社カードに当たるはずです。楽天は国内信販を買収して自らカード事業に乗り出しています。

http://www.ypp.info/cresarabank/05_money/201.htm

クレジットカードの謎|クレサラバンク

また、VISAやマスターとの提携ということであれば、基本的にクレジットカードのブランドは上記URLに書いてあるように5ブランドしかありません。

ほぼすべてのカードが上記いずれかのブランドと提携しているわけです。

http://www.ir-aiful.com/data/current/chapter-412-pdf.pdf

質問にあげられているセゾンカードのページのユオなものとしては、こちらのライフカードについてのPDFファイルでより詳しく説明されています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● borin
●40ポイント

http://www.pocketmate.net/card/card/teikei.htm

提携カードとは何か?/間違いだらけのクレジットカード選び

提携カードについてです。

http://www.kasimasu-musume.com/teikei.html

提携クレジットカードはショッピングなどに大変便利

http://www.japan-loan.com/teikei.htm

提携カードを多数紹介-【各社カードローン紹介】

金利%や保証人などの有無などが記載されています。


参考にしてみてください。


3 ● ridai5783
●40ポイント

http://creditcard-navi.org/kinds-3.html

クレジットカードの見方-プロパーカードと提携クレジットカード-

上記サイトにもございますように

クレジットカードの種類は、まず大きく2つに分類されます。

?プロパーカード

?提携カード


?は発行元が純粋に独自のサービスを付加して発行するカードです。買った金額分のポイントを付与するのが大半ですね。

?は企業と提携してカード会社が発行を代行する形のカードです。企業のメリットとしては、カードや顧客管理・マーケティングに活用する為のノウハウを持っていない場合はコスト安で有効に活用できます。


で、JCBやVISAのマークはライセンス貸与によりどのカード会社でもライセンスフィーを払えば使えるようになるのです。


http://www.mymoneyskills.com/visa/jp/how_credit_cards_work/type....

My Money Skills - クレジットカードの仕組み

因みに、上記サイトにもございますが、カード会社は下記のように分類されます。

?銀行系 (JCBや三井住友VISA等)

?信販系 (日本信販→今後は合併しますが・・)

?流通系 (ダイエーOMCカードやセゾン等)

?メーカー系(トヨタカード等)


さて、提携カードですがある程度の発行が見込める内容であることを前提として、発行に関わる手数料は大方カード会社が負担するのが多いようです。

ただし、年会費を無料にしたりする場合は企業側が負担するのが通常のようです。

ロイヤリティに関しては、そのカード自体でどれだけの稼動(売上)が見込めるかにもよると思います。

毎月必ず利用される仕組みのある提携カードであれば、カード会社はある程度の収益が見込めますので収益の○%などで還元する場合がありますが、今後の発展の見込みによる部分が高いと思われます。

提携するのであれば、魅力あるサービスやコンテンツがないと厳しいですね。いくつもの提携カードが作られてはなくなっている印象があります。

マイレージなどが成功の代表例ですが、私の私見では無料航空券は、毎日人が少なくてもフライトする訳で、空いている席を埋める為の需要と供給が合致した良い例だと感じています。(サービス等お互いの費用の持ち出しが少なくすみ、かつ顧客に喜ばれる)

ご参考になればと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。よく分かりました。


4 ● jiyuujin
●40ポイント

http://www.puti-money.com/creditcard/

クレジットカード比較 便利でお得なクレジットカード 年会費無料

様々な携帯カードの一覧です。

カード内容も掲載されています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ