人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

津波の観測方法について教えてください。先日の宮城県沖地震では速報で「”10cm”の津波が観測された」という情報が入りましたが、あれはどのようにして観測されたのでしょうか?
http://www.hakodate-jma.go.jp/data/kentyojo/kentyo.files/tyosekikansoku.htm
のような観測計がすぐに見つかりますが、これで普通の波と「10cmの津波」の違いを判別できるとは思えません。

●質問者: peaceman1984
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:宮城県沖地震 普通 津波
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/6件

▽最新の回答へ

1 ● jiyuujin
●0ポイント

http://www.okinawa-jma.go.jp/ishigaki/school/200407/ws200407.htm...

「気象の教室」平成16年7月号 〜海の気象教室(その1)〜

津波の観測方法

◎質問者からの返答

で、これでどうやって潮汐とたった10cmの波を分けますか?


2 ● Wiseman
●50ポイント

http://www.city.sendai.jp/syoubou/bousai/tunami_kiso.html

仙台市 津波についての基礎知識

根本的に、普通の波と津波では性質が違うようです

普通の波が頻繁に上下するのに対して

津波は、水位が上昇した状態のまま、押し寄せてきます

しかもそれが広範囲に亘って発生しますので

観測機で水位の変化を観測する事によって、

津波と普通の波の区別ができるようです

http://tsunami.ekankyo21.com/gps.html

GPS津波計について

◎質問者からの返答

実はこの違いはちょっと知ってたんですがリンク参考になりました。ありがとうございます。ただ、10cmくらいなら普段の海面でもそのくらい変動してそうな気がするんですよ。

採用されてるRTK方式とやらは3cmの精度で観測できるらしいので確かにスペックで言えば「10cmの津波」を観測できそうですが、その辺の突っ込んだ説明を誰かお願いします。


3 ● naopoleon
●0ポイント

http://www.okinawa-jma.go.jp/ishigaki/kansoku/tunami/tunami.htm

??g??????u

こういうのがありましたが、参考になりますでしょうか?

◎質問者からの返答

http://www.hakodate-jma.go.jp/data/kentyojo/kentyo.files/tyo...

と同じに見えますね。残念ですがイマイチです。 知りたいのは普通の潮汐の変動の範囲内にありそうな10cmで津波とそうでない物をどうやって判別しているのか、と言うことです。


4 ● chariot98
●100ポイント

http://www.pari.go.jp/bsh/ky-skb/kaisho/sub/sub100.htm

1.海象情報研究室へようこそ

これによると、「短い周期の風浪による変動の中心線が,数分間以上の長周期で大きくゆっくりと変動しているのが津波」ということだそうです。

◎質問者からの返答

かなり納得です。というか雑学の本をかったらズバリな内容が書いてあって自己解決してしまいました・・・その本に書いている内容とも一致しているので確実ですね。

-----以下自分用の補足。

「海底近くから細い導水管を引くと、短い周期の波が無視されるので津波や高潮による潮位の変化だけをとらえられる。」


5 ● rietti
●0ポイント

http://www.data.kishou.go.jp/marine/tide/genbo/explanation.html

10秒後にジャンプします。

-------------

気象庁では、津波・高潮・異常潮および長期的な海面水位の変動等に対する沿岸防災のために、さらにそれらの現象を検出するための潮位の平常状態を把握するために、また精度の良い潮位の予測を行うために、全国各地で潮汐の観測を行っています。潮汐の観測は浮き式自記検潮儀(フース型検潮儀)、音波式の水位計・津波計、音波管式津波計、または水圧式の津波計を用いて行っています。

-------------

ここに掲載している潮位は、潮位の高さの基準となる観測基準面(DL:Datum Line)からの高さをcm単位で読み取ったものです。 観測基準面(DL)の標高の値は各潮汐観測地点ごとに異なっており、観測地点一覧表に「観測基準面の標高」として掲載しています。

-------------

とあるので、通常の潮汐との違いも数cm単位でわかるのではないでしょうか。

http://www.data.kishou.go.jp/marine/tide/gaikyo/explanation.html

10秒後にジャンプします。

こちらを見ると副振動・高潮・津波の観測例が載っています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ