人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オフィスや店舗を借りる場合の保証金についてお聞きします。退去後、償却分を除いては戻ってくる性質のものと理解していますが、実際のところ、通常はちゃんと戻していただけるものなのでしょうか?(敷金などは現実戻らないところが多いですよね) また家主さんが万一賃貸期間中に破産などしてしまった場合はどうなりますか?

●質問者: noinoi
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:オフィス 保証金 店舗 敷金 現実
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● gogokame
●15ポイント

http://www.tkcnf.or.jp/08keieisha/qa0204_3.html

Q&A経営相談室

事務所などの場合原状回復費は別途という契約が多いので、かなり差し引かれます。


大家が破産した場合はこの質問をご参照下さい。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考になります。


2 ● nikumarukun
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/DAMMY

契約書などでは費用を相殺して返還する文面が多いですが・・・。

実際のところは、事務所の保証金は高額なところも多くて小さいビルではオーナーが払えない状況もあります。

悪質なのは、部屋の模様替えに高額の要求をしたり、知識の無いのを良い事に余分な費用も負担させられます。

契約書は大体書式が決まってますが、良く読んで不備があれば協議する項目は最低限追加しましょう。

オーナーが倒産した場合は大まかに3つになります。

1.差し押さえや強制退去で何ももらえない。

2.新しい所有者に請求する。(競売なら異議申し立てで裁判の場合もあり)

3.引き続き借り続ける場合、新所有者と条件を協議して再契約。(保証金減額とか補填とかになる)


今は、無料相談や裁判所でも親切に教えてもらえますので押され負けないように頑張りましょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。契約書を一度預かって検討したほうが良さそうですね。


3 ● hiyoko3
●15ポイント

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-10-17/08_0401.html

敷金・保証金保護せよ/テナント 全国連絡会が初会合/マイカル

保証金は一定の債務の担保として債権者に交付する金銭ですから、相手方に債権(未払い金、滞納など)がない限り戻ってくるものです。請求権がありますから確実にもどります。

ただ、貸主が倒産などした場合には、戻ってこないケースが多いようです。

これにより裁判など起こした事例もあるようですが、回収は難しいようです。

参考URL

http://www.bmi.or.jp/ishizue/ishizue111-120/ishizue115-3-teramur...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。実際には万一の場合の回収は難しいのでしょうか。


4 ● sami624
●15ポイント

http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0003627/1/030131tenanto.pdf

「保証金」と総称する)及び敷金は、S Cの破綻時には、一般債権扱いをされるのが通例である。

→よってほぼ回収が困難となると考えて良いでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。そうしてみると、一般に高額でもあるし、万一を考えると怖いですね…


5 ● hiyoko3
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

すいません。質問があったので、再度投稿します。

万一の場合は回収は難しいです。ほぼ無理といっても差し支えないでしょう。

倒産してしまった会社への債権回収が不能なのと同じ理屈です。債権者が優先的に資産を奪いにくるでしょうから・・・

そうならないようなテナントを選ぶことがトラブル回避の最有力です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。テナントオーナーが個人の場合、判断が難しいですね…


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ