人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

このたび衆議院解散を受けて廃案になり、総選挙後早くも10月の臨時国会に提出される予定になっている、「障害者自立支援法案」に対する考えについてお尋ねします。
(下記のURL先に法案の内容があります。上がhtml版、下がpdf版です。内容はどちらも同じです。)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0214-1c1.html
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/dl/tp0214-1b.pdf

1.この法案の存在をご存知でしたか?(はい/いいえ)

2.「はい」と答えた方のみにお尋ねします。
どの程度までご存知であったかをご回答ください。(存在を知っているのみで内容は知らない、「この障害についてはこのように変わる」等部分的に内容を知っている、全部頭に入っている、などなど)

3.以下の質問は、1の質問にて「はい」と答えた方・「いいえ」と答えた方、両方にお尋ねします。
この法案に賛成ですか?反対ですか?またその理由もご回答ください。

4.参考のURL先をお読みいただけましたか?

以上の質問に、番号をふってご回答願います。
真剣にお答えしてくださったと私が感じられたご回答を高く評価いたします。

●質問者: dqndamepo
●カテゴリ:政治・社会 医療・健康
✍キーワード:10月 HTML PDF URL 存在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● eruni-nyo
●18ポイント

http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0214-1c1.html

厚生労働省:障害者自立支援法

URLはダミーです。


1.はい

2.存在を知っているのみ(HPで取り上げられたのを見たことがある程度です)で内容は知りません。

3.この法案には反対です。

理由は、更正医療・育成医療や支援費(ヘルパーなど)の制度が必要な人は、

かかった費用に応じた額を支払うことになり、支援が必要でも、受けられないことになりかねません。

このたびの、福祉制度の改変は障害を持つ人の負担を増やすだけで、自立を支援する為の法案とは

思えないからです。

この度改めて、この法案を拝見しましたが、サラリーマン増税のように弱い立場、大きく反発しないと

思われている人たちから、搾り取るように見え、なにか違うのではないかと思います。

4.拝見しました。


2 ● Qtaro
●18ポイント

http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/dl/tp0214-1b.pdf

↑はダミーです。

1 はい。

2 部分的に知っています。障害者がこれまで福祉サービスとして受けてきたものをすべて介護保険サービス並みに1割負担を求めていくものだという認識を持っています。

3 現状では法案に反対です。

介護保険の制度と統合をにらんで制度整備を図っているのだと思われますが、介護保険の制度でもいろいろな問題が出てきています。お金を払えばOK、と言うだけではなく、サービスそのものに上限が設けられたりしていくおそれがあります。そもそも、障害者の場合は生まれたときから障害者、という人も多く、就労の機会すらもない人もいます。そうした人たちから負担を求めるのは本末転倒です。

まずは負担を求めても大丈夫なように就労の機会を保障し、また社会全体が障害者に対する人権を保障していかなくてはなりません。この法案よりも障害者差別禁止法などのほうが先です。

また、聴覚障害者に対しての手話通訳についても有償化となりますが、コミュニケーションは人間の基本的な権利であり、聞こえる人が手話を知らないから必要となっている手話通訳であるのに、その通訳者の費用負担を聞こえない人に求めることにも矛盾を感じます。

4 参考のURLは読みました。この法案がそのまま再提出になるのでしょうか。。。?

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

1つ前に回答してくださったeruni-nyoさんにも、ここであわせてお礼いたします。

(質問するのは初めてなもので、入力ミスをshてしまいました。申し訳ありません)

なお、私自信の見解等は、今後のご回答にバイアスがかかる恐れがあるため、コメントとしてはできるだけ避けたいと思っております。

終了時に何かしら書く予定(あくまでも予定ですが)です。ご了承ください。


3 ● sanbo-n
●18ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1124431295####

人力検索はてな - このたび衆議院解散を受けて廃案になり、総選挙後早くも10月の臨時国会に提出される予定になっている、「障害者自立支援法案」に対する考えについてお尋ねします。 (下記..

1,はい


2,存在というかそういう名前の法案がある、という程度の認識で内容までは知りませんでした。


3、正直なところを申せば、どちらとも言えません。この法案によってどこがどう変わり、どう良くなって悪くなるのかがこれを見ただけではわからないからです。

反対、賛成を求めるのであればそういった内容を比較している参考サイトも一緒にご紹介いただければ、もっとわかりやすかったと思います。


4,目を通しましたが、3,でも言いました通り比較するものが、自分の知識にないのでこれを読んだだけでは問題点などを見出せませんでした。(お金がかかるサービスについての記述が多いように感じましたが現行と比べての負担増があるのかないのか、あるならどれくらいなのかがわからないので言及のしようがありませんです。)

これについても簡単に表現したサイトとかを紹介していただければ、もっとわかりやすかったかと思います(単純にわたしの国語力の問題なのかもしれませんが^^;)

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


4 ● TomCat
●18ポイント

http://www.jdforum.jp/whats.html

1.知っていました。


2.法案の詳細は知りませんでしたが、法案のベースになったのは

先に発表されていた「今後の障害保健福祉施策について」、

いわゆる「グランドデザイン案」であったこと、

その「改革」の大きな部分に福祉費用の公費負担削減、

つまり福祉受給者に対する負担増を求めるという方針があり、

多くの障害者団体が反対の姿勢を取っていた、

ということは知っていました。


3.私は、基本的に反対です。

たしかに障害者の自立を促すことは重要であり、

障害の有無に関わらずそれぞれの持つ能力が発揮できる社会は、

早急に確立していかねばなりません。


しかし、まず負担増ありきの制度改革では、

既に自立している者しか福祉を受けられない

という仕組みになってしまいます。


従来、わが国の障害者福祉は応能負担、

つまり所得状況に応じた負担可能額を算定する方式でしたから、

これが正しく適用されていくならば、

ほとんど全ての福祉を必要とする者が、

生活の基本部分を破壊されることなく

自立に向かった努力を行っていくことが可能です。


しかしこれが応益負担(定率負担)、つまり、

使ったサービスの費用の一定額は受益者が支払え、

ということを基本とした制度に変わってしまうと、

公費補助があっても必要なサービスに届かない、

無理して支払いを続ければ生活の基本が成り立たなくなる、

結果自立を断念せざるを得なくなり、

さらに所得が圧迫されて応益負担に耐えられなくなる、

といった悪循環に陥る人たちが急増してしまう恐れがあります。


また、従来は「将来障害を残すと認められる児童」に対しても

「育成医療」が認められるものとなっていましたが、

障害者自立支援法の対象は基本的に「障害者」ですから、

ある程度の経過措置があるとはいえ、

将来的に「障害を防ぐ医療」が縮小される恐れがあり、

そうなってしまうと、障害者の自立を目指すどころか、

逆に障害者を増やしてしまう結果に陥りかねません。


これでは法案の掲げる第一条の目的に

大きく逆行する事になってしまいます。


このように大きな自己矛盾を抱える法案は

法案の体を成していないものと考えられますので、

私はこれに反対です。


4.法案全体に目を通しました。

端的に言って、わざと制度を複雑化しておきながら、

肝心な部分は政令などに委任するという、

かなり付け焼き刃で策定された法案という印象を受けました。


現行の骨組みを崩すことだけが目的で、

具体的なことは何も考えられていない法案、

ということが出来るものと思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


5 ● SOID
●18ポイント

http://www.google.co.jp/

Google

URLはダミーです。


1.この法案の存在をご存知でしたか?(はい/いいえ)


はい


2.「はい」と答えた方のみにお尋ねします。

どの程度までご存知であったかをご回答ください。(存在を知っているのみで内容は知らない、「この障害についてはこのように変わる」等部分的に内容を知っている、全部頭に入っている、などなど)


精神疾患の公的負担の部分が削減されたり、適用が厳しくなる、ということは知っていました。


3.以下の質問は、1の質問にて「はい」と答えた方・「いいえ」と答えた方、両方にお尋ねします。

この法案に賛成ですか?反対ですか?またその理由もご回答ください。


反対です。精神疾患者の面で言えば、年々増えているうつ病患者に対する負担が大きくなり、自殺率の増加などが懸念されます。


4.参考のURL先をお読みいただけましたか?


拝見しました。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ