人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

細野豪志著『パラシューター』(五月書房)で言及されている「盲目の弁護士が書いた自叙伝」(p. 15)とは、何という本でしょうか?

●質問者: hayami
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:シューター 弁護士 書房 盲目 細野豪志
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 情トラ
●100ポイント

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS...

ぶつかって、ぶつかって: 紀伊國屋書店BookWeb

ぶつかって、ぶつかって。

ぶつかって、ぶつかって。

  • 作者: 竹下 義樹
  • 出版社/メーカー: かもがわ出版
  • メディア: 単行本

■おそらく、この本ではないかと思います。もし違っていたら申し訳ございません。

■なお、参考URLもご確認ください。


『ぶつかって、ぶつかって。』

序章 私の一日

第1章 おいたちと失明

第2章 学生時代

第3章 「盲人にも弁護士の道を」

第4章 司法試験への挑戦

第5章 全国初の盲人弁護士として

◎質問者からの返答

なるほど、これだと思いますね。

さっそくの良回答、ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ