人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

株式をしている皆さんの本音を聞きたいです。
デイトレード・長期保有・ウィークトレード どれでも勝つ人がいますし、負ける人がいます。
この差はなぜ生まれるのでしょう。

抽象的な答えは遠慮してください。
例:頭の回転がちがう・情報量が違う。
実際はこの2つが大きいと思いますが、もう少し分析された答えを期待します。
たとえば、損きりが上手いとか。周囲が騒ぎ立てるようになったら撤退とか。


次の質問でアンケートもしてるのでそちらもチェックお願いします。
アンケート例・1,あなたに子どもがいたら、何歳から株式投資を始めさせたいですか。

3,あなたは株式投資を始めてよかったですか。

4,最近の株式市場は効率的だと思いますか(株価が織り込みずみということ)

●質問者: kenpo43
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:あなた アンケート デイトレード トレード 子ども
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● smilydogs
●20ポイント

http://news19.2ch.net/livemarket1/

???????o?[?{???n?E?X??

URLはダミーです。


勝っている人と負けている人との違いは


?計画性があるかないか。(ご利用は計画的に)


?精神的に図太い。(狼狽しない。)


?高くなりそうなものを見極める眼力。(ファンダとかテクニカル含む)


?自分の決断を信じられる勇気の持ち主。


だと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● まる
●20ポイント

http://money.msn.co.jp/

・デイ・トレード/ウィークトレード

まず勝てる(統計的にみて勝率のよい)システムを手の内に持っているかどうかが勝敗を分けると思います。そのシステムの核となるものは、値動きであれ出来高であれなんでもいいと思います。

あとはやはり(よく言われることですが)そのシステムで作ったルールを徹底して守れる精神力を持っているかどうか。これで失敗する人は多いみたいです。

あるルールを決めてそれを徹底して守ることが出来る人がやはり勝利に近いのではないでしょうか。


・長期保有

企業を丸裸に出来る能力を持っているかどうか。その企業の行っている事業は将来的に有望なのか、有望であればどれぐらいの期間有望でありそうか等を分析します。

有望でないなら、今の時点でその企業はいくらぐらいの資産を持っていて、それを時価総額と比較してお買い得であるかどうかを見極めます。

これらの分析が出来る人がよい会社の株を買うことができると思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。長期保有については有益な意見を聞くことができました。


3 ● jiyuujin
●20ポイント

http://www.tetukabu.com/

鉄太郎の株式売買研究ホームページ

勝ち組投資家への道です。

1.勝ち組投資家の心構え

2.勝ち組投資家の戦略

3.勝ち組投資家の研究課題

4.勝ち組投資家の戦術・戦法

5.勝ち組投資家の実践

の項目ごとに掲載されています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。早速読んでみることにします。


4 ● morningrain
●20ポイント

http://www.moneyleague.jp/gameplan10.htm

まず、勝つ負けるというのをどの程度の水準に置くかということが大事だと思います。

少しでもプラスになればいいと考えるのであれば、ボックス銘柄をウォッチして安値買い、高値売りを繰り返せば、それなりにプラスになる確率は高いです。

個人的にはこのスタンスで、ウィークトレードのスタイルです。

このやり方で重要なのは、2番目の回答者の方がおっしゃっているルールを守れる精神力と、欲を出さないこと、の2つにつきると思います。

ボックスで取引を行っていると、自分が設定した売値を大きく超えて株価が上昇することがあります。そのときに「売らなきゃよかった」と思わずに、すなおに「儲かった」と思えることが大切だと思います。

市場の動きはあまりに複雑で、情報量はあまりに膨大ですから、そういったものに左右さない自分なりの相場観とスタンスというものがポイントでしょう。


デイトレードについてはやったことはありませんが、ここでも「欲をかかないこと」が一つのポイントになると思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

「…儲かったと思える」→精神面的な技術として大事ですね。


5 ● sami624
●20ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

?g?????O??

1.情報量が違いすぎる

→株式投資は基本的には経営参加であり、当該企業の経営上の投資に対して、資金拠出をするものです。企業借入が安全投資を資金使途とする一方で、株式発行による資金調達はリスクはあるものの成功した場合の収益性が高いものと言うのが、原則です。→よって、本来企業が経営上考えている投資内容を把握していないと、収益性の見通しが立たず、売り買いのタイミングがつかめないので、負ける。

?長期保有以外は一種の博打です。

→株価は必ずしも理論価格と一致しているわけではなく、相場物のため予期せぬ需要により、理論価格から乖離します。よって、ある意味で博打がうまいと言うことがいえます。

?無難な売買

移動平均線や外人買い比率などを参考に売買をすれば、小遣い程度の日銭の獲得は可能です。

→アナリストの資格を持っていますが、理論価格どおりに推移している株価は皆無です。要は株価はそういう動きをするということです。よって、大なり小なり博打なのです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。一点もう少し聞かせて欲しいものがあります。

「…外人買い比率などを参考に売買をすれば」とありますが、たとえばどのような売買方法が考えられるでしょうか。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ