人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ぐずぐずして物事の決断のにぶい、優柔不断な性格を直す方法を教えてください。

●質問者: disca
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:優柔不断 性格 決断
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● mmmatsu
●13ポイント

http://f3.aaa.livedoor.jp/~yuuzyu/

???D?_?s?f??????

私もどちらかというと優柔不断なところがあります。プライベートなら、まだいいんですが、仕事が絡むと回りに迷惑掛けるので、気をつけています。

私がやっていることは、時間を決める、ということです。自分で締め切りを決めて、中途半端でも必ずその時までにやり遂げる、と決めています。尻に火がつくと何かしら行動に出るので、自分で尻に火をつけています。


時間が来ても、あと5分、みたいな気持ちになるんですが、何度もやっていくと、少しずつ慣れていくものですよ。


ちょっと自分の中でパワーが必要なときもありますけど。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

たしかに仕事が絡むばあい迷惑かけますね。参考になりました。


2 ● micomoco
●13ポイント

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%CD%A5%BD%C0%C9%D4%C3%...

国語辞典 英和辞典 和英辞典 - goo 辞書

私自身の経験談ですが、迷ってる、ということは、たいていの場合どっちでもいいんですよね。

圧倒的にどちらかがいいのなら、優柔不断な性格でも迷わない。

しかも優柔不断の悪いところは、決めた後でも、あっちの選択してたらもっといい結果だったろう・・・

と無駄な後悔をするところ。(これは私のことなのであてはまらなかったらすいません)

なので、そういう状況になったら(なりそうになったら)とにかく口に出して「私はこっちにする!」と宣言する。

そうすると、他の人が聞いている手前、「あ、やっぱり・・こっちのほうが・・・」と言うことは減ると思います。

また、そういったことを実践する前に、周りの人に「優柔不断な性格直したいから、優柔不断に見えたら言ってね!」と言っておくのも手です。

そうすると、「あ、やっぱり・・・」になったとき、

周りの人に「ほらまた優柔不断になってるよー(笑)」とか注意してもらえますし。


あと、上記の、「決めた後でも、あっちの選択してたらもっといい結果だったろう・・・と無駄な後悔をする」ということを自覚すること。

どっち選んでもよいところ、悪いところはあるんです。

それを理解すること。完璧な選択などありえないということを理解すること。

これも結構重要だと思います。

そういうことがわかってくると、選択したことに対して後からいろいろ悩むことは減ると思います。

◎質問者からの返答

「完璧な選択などありえないということ」

大変参考になりました。

無駄な後悔をすることも多いです(--;


3 ● s_kanda
●13ポイント

http://d.hatena.ne.jp/asin/4344006542

キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法 - はてなダイアリー

この『キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法』という本を買って、読んで、ひとつずつでもいいから実践する。

読んでみて損はないと思いますよ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。はてなで質問する前にAmazonで良い本があればいいなと…調べていました。

s_kanda さんは読まれましたでしょうか?もし読まれた上でのご意見でしたらぜひ購入します。


4 ● specialboy
●13ポイント

http://www.hatena.ne.jp/12349:detail]

自分も優柔不断です。すべてにおいて、失敗したらどしましょ?とか、あとで後悔したらどしましょ?みたいな考えが、片隅にあるのだと思います。言い換えてみれば慎重すぎる?でしょうか。優柔不断でけっこう迷惑かけちゃうこと多いんですけど、コンビニでどっちのお菓子買おうかとか、今日はどっちの服着て行こうとか、それに決めたらそれで満足するように努力してます自分。

◎質問者からの返答

たしかに、良い意味で言えば「慎重派」なんですね。

このあいだ友達に夕飯何がいい?と聞かれたんですが、相手の希望を尊重したいので、いつも相手の好きな「ラーメン」屋さんに行ったりします。

結局のところ、自分自身、今「何がしたい」という判断を先延ばししているようで、これが悩みの種です。


5 ● jiyuujin
●13ポイント

http://tomoaki-takeda.ameblo.jp/entry-a9b7ee823836fa907ecd21c3d3...

個人的書評ブログ

これまでは、カウンセリング的療法によって「心理」面からの治療が主流でしたが、人間の心理を変えるのは難しく、むしろ「行動」から変えていく行動療法のほうが、かかる時間も短いし有効だという考えに移ってきているそうです。

ここではその行動療法ついて紹介しています。

http://books.livedoor.com/item_detail&isbn=4806119067&re...

ライブドア ブックス(本):優柔不断な性格をアッという間に直す本 - 新刊・中古本同時購入可能

まさに「優柔不断な性格をアッという間に直す本」です。

http://blog.livedoor.jp/shrimp11/archives/17065684.html

人は簡単に変われるのか!!:決断力 - livedoor Blog(ブログ)

決断力を高めるのにはテクニックがあるのです。

大きく分けると、、、

1.問題の所存をはっきりさせる

2.事実を整理する

3.選択肢を絞り込む

4.決定の評価をする

だそうです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ご紹介の本ですが、Amazonでほとんど評価されていなかったので、売れていない=参考にならない本と考えていました。jiyuujinさんは読まれましたでしょうか?

行動心理療法にかんしては、この問題とは違う気がします。(あくまでも神経症に対しての療法ですので。。。)

紹介URLの

「たくさんの情報を頭の中だけで処理できる」

は参考になりました^^/


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ