人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今現在、どの程度地球環境が悪化しているのでしょうか?温暖化・オゾン層の崩壊等の情報をお願いします。

●質問者: fm315
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:オゾン層 地球環境 崩壊 温暖化 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/12件

▽最新の回答へ

1 ● yuki333zityo
●18ポイント

http://www.erca.go.jp/ondanka/

地球温暖化 - 独立行政法人環境再生保全機構

温暖化について

http://www002.upp.so-net.ne.jp/sgun/saigo/saigo.html

?l???S?????

現在の地球の問題の一覧です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● Huck_Finn
●18ポイント

http://www.env.go.jp/earth/report/h17-04/index.html

平成16年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書

pdfファイルで沢山の資料があります。

参考になりますでしょうか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


3 ● zexion
●17ポイント

http://www12.ocn.ne.jp/~take03/j15ozon.htm

?n????ω? ?P-?T?D?t????????o?A?I?]???w????O??

http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/portal/pheno.html

気象庁 | 地球環境ポータルサイト

こんなのでどうですか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます


4 ● NiwanoHiyoko
●17ポイント

http://www.eic.or.jp/library/ecolife/knowledge/earth03b.html

オゾン層の破壊の現状

『特に顕著なのは南極上空のオゾン層の減少で、9月?10月頃にかけて南極上空のオゾン層が著しく減少する現象をオゾンホールと言い、1970年代の終わり頃から観測されるようになった。また、このオゾンホールは近年大規模化が進んでいる。 1985年に英国のファーマンらによって南極上空のオゾンホールについて報告されて以来、毎年9?11月頃に南極上空でオゾンホールが観測されており、特に1998年には、過去最大規模のオゾンホールが出現している。 』

http://www.cgkai.com/ozone/ozone_04.html

〈中緯度地方:オゾン層破壊の現状〉

『上記の科学アセスメントによれば、地上から大気上端までのオゾン全量は、1980年以前に比べて、最近(1997年から2001年)では、北半球中緯度で3%、南半球中緯度では6%減っています。オゾン全量が増加傾向に転じている形跡は、今のところありません。

しかし、2003年7月のNASAの発表では、中・低緯度の上部成層圏(高度35?45km)で、1997年以降塩素濃度の増加率が減り、オゾン濃度の減少率が小さくなっていることが指摘されています。』


〈南極域:オゾン層破壊の現状〉

『2002年は、成層圏の気温が異常に高く、したがってオゾンホールの面積も小さくなりました。この年を除くと、南極域のオゾンホールの面積は増加の傾向を示しています。現在がピークでそのうち減少に転じるのか、あるいは穏やかながらもまだ増加するのかは、はっきりしていません。』

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ