人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

■?■
投資採算の意味について教えてください。
なるべく詳しく、お願い致します。

●質問者: futoku_nagaku
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:投資
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● morningrain
●20ポイント

http://www.mitsui-hanbai.co.jp/realplan/investment_judgment/c03....

投資採算とは、ある事業への投資に対する収益のことで、こちらのサイトで紹介されているNPVとかIRR(これはプロジェクトIRR=PIRRなどと言われることもあります)などの指標で表されることが多いです。

http://cruel.org/finance/finnote01.html

血涙ファイナンス 第1回資料

意味というより、投資採算の考え方を知りたいのであれば、こちらの山形浩生の「血も涙もないファイナンス講座」を読むといいと思います。こちらは第1回目。

http://cruel.org/finance/finnote02.html

血涙ファイナンス 第2回資料

こちらが第2回目。連載自体は未完ですが、このあたりまででも感じはつかめると思います。


2 ● graygreen127
●20ポイント

http://j-net21.smrj.go.jp/venture/startup/jirei_e018.html

J-Net21:新規事業計画書:採算性を考える

あまりに漠然とした質問で、もう少し具体的に質問していただいた方が詳しく答えやすいのですが、とりあえず一番質問にあってそうなリンクをはります。

「投資採算」とは、簡単にいってしまえば使った金と手に入った金を比べてみる、ということです。ここで「投資」とは、事業なり商売なりのために資金を使うことです。事業者のために金を貸したり株を買ったりするのも投資で、証券投資の投資採算、というものも基本は同じですが詳しく説明するとなると分けた方がわかりやすいので、とりあえず事業の投資採算についての質問と解釈しました。

「使った金」といっても、店の光熱費とか維持費は計算にいれるのかいれないのかとか、人件費だの広告費用だのどこまで計算すればいいのか、という考え方を整理するのが「会計」です。手に入った金と使った金の差である儲けに対しては税金がかかるので、税理の問題でもあります。

お金を使ってから、利益を手にするまでの時間や使った金額に対する利益の割合から、「もっと別のことに金を使った方がよかったんじゃないのか」という経営上の問題として採算性を考える視点もあります。

どういった説明が必要なのか示していただければ、もっと詳しい説明ができると思います。


3 ● sami624
●20ポイント

http://opinion.nucba.ac.jp/~yarita/2001post/imacro/demand-for-fc...

$B<}1WN($NHf3S(B

1.例えば、メガバンクの定期預金をした場合、期間満了時に得られる収益率は、税込みで利率と等しくなる。

2.競馬をした場合、本命が1位になる確率は40%とすし、配当率が20%とすると、期待収益率は8%となる。

3.ルーレットで黒が出る確率は50%で、配当が20%の場合、10%の期待収益率となる。

4.要は、リスクに対する投資は、0になる可能性、マイナスになる可能性、全ての合計で安全資産の収益率を上回らなければ、リスクテイクをする意味がないわけです。

5.リスク資産に対する投資採算は、安全資産の収益率+リスク度+αでないと見合わないということです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ