人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ダミーURL可。
おもしろいこばなし募集します。
面白かった上位3名にポイントを上から割り振ります。
しばらく出してますのでごゆっくりどうぞ。

●質問者: reosucker
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ゆっくり ダミー ポイント 面白
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

1 ● yellowshell
●100ポイント

http://www.yahoo.com/

Yahoo!

以前別の質問者の方に私がだしたやつですが・・・↓


高速道路を北に向かって走っていた私は、

トイレ行きたくなったのでサービスエリアに立ち寄りました。


手前の個室はふさがっていたので、その隣に入りました。


便器に腰を下ろそうとしたその時、隣から

「やあ、元気?」と声がしたのです。


男は皆そうですが、トイレで見知らぬ人と話をすることはありません。


どうしていいかわからなかったので、

ためらいがちに「まあまあだよ」と答えました。


すると隣人は「そうか……それで、今何してるの?」と言うのです。


妙だなと思いましたが、私はバカみたいにこう答えました。


「君と同じだよ。ウンコしようとしてるんだ!」


やがて隣の男は、声をひそめてこう言ったのです。


「おい、あとでかけ直すよ。

隣の個室に、俺の話にいちいち答えるアホがいるんだ!」

◎質問者からの返答

あはははは。

面白いです。このクオリティーレベルの物をよろしくお願いします。


2 ● Hibi
●0ポイント

http://www1.seaple.icc.ne.jp/t-hirose/text/microsoft/2.html

microsoft

このような物はどうでしょうか?

【もしマイクロソフトが自動車を作ったら...】はかなり有名所ですが。

◎質問者からの返答

ちょっと、おもしろさがわからないです・・


3 ● blue_blue_sky
●0ポイント

http://www.livedoor.com/

livedoor

このサイトででてきた質問に答えるのに、いつも母に相談しています。


天然ボケの母なら、面白い話がたくさんあると思い、


「なにか、面白い話ない?」


ってきいたら、


「そんなもんないわ! いっつもそんなこといって、私の意見採用されたためしがない」


といわれ、大爆笑してしまいました(笑)


「毎回答えるけど、質問をよく聞けとか、それじゃ答えが短いとか、見当違いだとかそんなことばっかり言われる!」だって(笑)


確かに、しょっちゅう聞いていますが、母の意見をここに書いたためしがないです(笑)

◎質問者からの返答

おちゃめで素敵なお母さんですね。

一度お母さんの意見是非採用してあげてください。


4 ● lucifer07
●0ポイント

http://www.geocities.jp/hirokkkk/kobanasi

kobanasi

誰にも知らせずに久しぶりに女房と長距離旅行した。

山中湖畔のペンションにたどり着き、部屋にあがるのと同時に

携帯が鳴ったので出てみると、自宅近所に住んでいる息子からだった。

息子:「よう、オヤジ、おれだよ」

私 :「おう、お前か。どうした?よくここにいるのが分かったな」

息子:「一体どこにいるんだよ」


どうでしょう。


カップルはつきあい始めてしばらく経つと

「釣った魚に餌をやらない」などと形容される話を聞くので、

彼に「私もそうされちゃうのかしら?」と聞いてみた。

「キャッチアンドリリース」と即答された。


彼女と街を歩いていて、僕が「コンビニ寄って行こうよ。」と

言いたかったのを、「交尾に寄って行こうよ。」と間違って言ってしまった。

彼女は白い目で見ながら一言。「まだ朝でしょ。」


終電を逃してしまい、友人達と入った不二家で、

夜中だというのに甘々のスイーツを注文した。

が、バイト君が運んできたチョコパフェを見て友人Aが

烈火のごとく怒りだした。

「見てみぃ!虫が入っているやんけ!どうしてくれんねん!!」

確かに虫が入っていたが、バイト君も周囲の者も止めに入った私たちも、

彼の激しい剣幕に一瞬にして凍り付いてしまった。

友人Aは叫んだ「お前じゃ話にならん!ペコちゃんを呼んで来い?!!」

最初から計算づくのオチに、その場の全員が昇天したのは言うまでもない…。

恐るべし大阪people。


娘が東南アジアから帰国途中の機内で、隣のおじさんの肩に頭を乗せてぐっすり。

気がついて思わず、「アイアムソーリー」おじさんは「ノープロブレム」。

それからお互いたどたどしい英語で会話が続いたが、

関空に着く直前にお互い日本人であることが判明した。


私の友人は小さい頃、大人になったら選挙の時に立候補者にお金を五千円

あげなければならないと思っていたらしい。なぜなら選挙の車から

「ご声援ありがとうございます!」と言っているのを「五千円ありがとうございます」に

聞こえたらしい…。その時彼は大人になるのがイヤダと思ったそうです。

そんな子供達が大人になって不正な献金をしているのかもしれない。


面白そうなのを抜粋しました。

◎質問者からの返答

あはは

アイムソーリーの話結構おもしろいですね。


5 ● micomoco
●70ポイント

http://happy.web.infoseek.co.jp/movie/omosiro10.htm

おもしろムービー かしこい青年

かなり有名かもしれないですが・・・。

ワシントン大学での英語学序論の期末試験でのことである。

このクラスは800人も学生がいたので、1年生の他の多くの科目と同じく、

この試験も新しい学生を振り落とすためのものだった。試験は2時間で、問題用紙が配られた。

教授はとても厳しい人で、きっかり2時間後にこの机の上に提出しないと受け取らないこと、

従って試験には落ちることを学生たちに言い渡した。

試験が始まって30分後、1人の学生が息せき切って駆け込んできて、教授に問題用紙を下さいと言った。


「もう最後までやる時間はないと思うがね」

と教授は用紙を渡しながら言った。

「いえ、やります」

とその学生は答えると、席についてやり始めた。


2時間後、教授が試験の終了を宣言すると、学生たちは列をなして答案を提出し、出ていった。

後には、遅刻した学生がただひとり残って、書き続けた。

30分後、机に向かって次の授業の準備をしていた教授のところに、その学生がやって来た。

彼は机上に積み上げてある答案用紙の上に、自分の答案を置こうとした。


「駄目、駄目。受けとれんよ。もう、時間切れだ」

学生は不信感と怒りを露わにした。

「先生は私が誰だか御存知ですか?」

「いいや、どなた様か知らんね」と皮肉な口調で答えた。

「先生は私が誰だか御存知ないのですか?」と再び学生が聞いた。

「知らんね。関係ないだろう」と高圧的な口調で教授が答えた。

「分りました」と学生は答えると……


答案用紙の山をさっと持ち上げ、素早く自分の答案用紙をその中ほどに差し込んで教室をでていった。

◎質問者からの返答

あはは、一休さんみたいな感じですね。

こういうの結構好きです。


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ