人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

若造が、区議会(市議会)議員選挙に打って出て受かるには、選挙に向けてどのような行動を取ればいいと思いますか?
順を追って、具体的に、戦略を考えてみて下さい。

端的な例として、
「理系の大学院生(博士)で、資産は特に多くなく(学生の貯金程度)、卒業後の早い時期に立候補したいと考えているとして」
とう状況を想定して下さい。
(僕自身がこの状況で、立候補しようとしているわけではないので、空想ゲームとしてお願いします)

あんまり回答無いだろうけど、
「おお、早期に受かりそうだ!」
と思った戦略があれば、ポイントはずみます。

●質問者: match7
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:ゲーム ポイント 区議会 卒業 博士
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● u-chan
●13ポイント

http://www.nishikoori.com/pages/katudou_koubo.html

活動

最も現実的な方法は、区(市)議会議員選挙候補者の公募に応募することでしょうね。

(ググると「民主党」が多いですね!)


公募に通れば、選挙資金は「党」から出るはずです。(政治にあまり興味がないので恐縮ですが、持ち出しは「学生の貯金程度」でいいかと)。


....というわけで、まずは「公募」のプレゼンをどうやって突破するかですね。想定されているのは、再来年の統一地方選挙でしょうから、選定まで実質1年ないですね。


余程、ご自身に「ルックス」とか「カリスマ性」があれば(選挙なんてアル意味、見栄えの世界でもありますし)、それだけで通るとかもあるかもしれませんが、現実的なのは、町内会とか消防団とかに入って、地域ネットワークをまず築き、顔の利く人の「推薦」を公募の時にあわせてPRするとかですかね?。(これだと次の次の統一地方選挙?!)

◎質問者からの返答

近い選挙って、再来年なんですか。へえ。

公募なんてしてるんだ!!

うちとか大学のポストなんてそうなんだけど、

公募は表向きで、実は内定してる人がいたりするんじゃないのかなあ??

おお、町内会とか消防団か。やっぱそういうのって強いんすかねえ。


2 ● monoprixgourmet
●13ポイント

http://www2.airnet.ne.jp/penpen/

長島一由 Official Site

どこかの政党に属していれば話は早いかと思いますが、無所属で出馬ということを前提に想定いたします。


やはり若い立候補者の一番の売りはフレッシュさ、ですので、まずは第一に清潔な見た目を心がけることが大切ですね。


また、資金が限られていますから知名度を上げるために、ご自身の政策をブログで発表し続けるなど、こまめな努力が必要です。しかし、中高年層の人々はまだインターネットを熟知していないので、できれば毎朝(学校に行く前など)に自分の名前入りのタスキをかけて駅前に立ち、自分の熱い思いを語ることが必要です(が、一歩間違えると危ないひとになりえますので、清潔感は心がけてください)。アルバイトをする時間があるようでしたら、アルバイトをして拡声器を購入すると、演説がラクになります。


リンク先は現在の逗子市長。ただいま38歳なのに3期目に入っています。彼はメディアの操作に長けていましたので、このような芸当ができたと考えています。(政策はおいておいて)当選するための戦術を考えるにあたり参考になる人物です。

◎質問者からの返答

こりゃまたさっきの方と違う意味で面白いですねえ。

あれですか、

道端でギター弾いてる若者の隣で、演説をする、とかですか。

何だか面白そうだな……

清潔感か、そうですよねー。

38歳で3期目、ってすごいですね。


3 ● r-nemoto
●13ポイント

http://www.sokagakkai.or.jp/

創価学会公式ホームページ

まず、貴方が立候補しようとしている地域の創価学会に入会します。大学などで活動するのもよいでしょう。


学会の中で注目されるようになったら(勧誘の実績が評価されます)、政治的な活動に興味を持っていることを周囲の方に相談するとよいでしょう。


上位の方は、公明党につてを持っているので、繋いでくれます。


あとは、議員の方に自分を売り込み、議員としてやっていきたいことをPRするとよいでしょう。

できるだけ公明党の方針に沿った立案を行うと注目されやすいと思います。


公明党の公認さえ得らればかなりの確率で地方議員なら当選できると思います。

http://www.komei.or.jp/

公明党

◎質問者からの返答

思ってないほど面白い回答が来ますね〜。

一人目の方が、公募で、

二人目の方が、無所属で、

三人目の方は、創価学会

を想定ですかーー。

いいですねえ、創価学会。

でも、創価学会には一つ疑問があって、学会内では年功序列なのではないか?という疑問。

果たして若輩者学会員が、選挙協力してもらえるまでになれるのか??

というのが疑問ですね。

たくさん勧誘すれば、若くても大切にされるのかな??


4 ● TomCat
●13ポイント

http://www.hatena.ne.jp/(^-^)/:detail]

1.政党との関係

政党公認で出ようとすると、必ずその党の「枠」に制限されます。

無所属で出馬するにしても、特定政党の党籍を持ってしまうと、

特に新人や若造は「上」の都合に振り回されて

出馬を断念させられたりしがちですから、

どこの党とも関係を持たない完全な無所属でいく必要があります。


つまり新人の出馬は、引退する誰かの地盤看板を引き継がない限り

「指定席」を取り合う行列に「割り込んでいく」

ということなんですよね。

組織力が欲しいからと既に指定席券を持っている人に近付くと

大損します。


2.自主組織の確立

しかし選挙は票田がなければ戦えませんから、

自分の後援会組織はシッカリ確立しなければなりません。


政党候補は選挙のための後援会の他に

必ず選挙とは別個に存在する社会運動体、

保守系なら町内会や商工組織、某党なら宗教団体、

さらに某党なら労働組合といった支持基盤がありますから、

こちらも後援会組織と並行して、そうした支持基盤となる

社会運動体を作っていく必要があります。


保守系無所属の多くのオッサン議員達は、

「地域興し」運動を足がかりに議席を手に入れています。

これを見習って、地域に新しいイベントを立ち上げ、

そこを足がかりに支持基盤を作っていくという作戦は吉です。


とりあえず立場が今現在学生なら、学祭気分でイベントを企画する。


仲間を集めて企画立案のブレーンを得て、

イベントの企画その物はそっちに任せて、

自分は場所の確保や後援協賛の取り付け、

警備計画の策定といった行政との対応に専念していきます。

これで、選挙に関しても、有能なブレーンと

行政や各種団体とのパイプが手に入ります。


3.市民要求の把握と宣伝

そうして選挙とは無関係に活動しているうちに、

あれこれ様々な市民要求が耳に入ってくるようになりますから、

それを取り上げて、企画しているイベントの中で

まず第一発目の地域に対するアピールを行っていきます。

これが選挙を匂わせずに行う最初の「政策発表」になってきます。


選挙を匂わせずに行うアピールは

無党派市民の共感を得やすいですから、

これが成功すれば、掴みはオッケーです。


4.出馬宣言

イベントが成功したら、後援してくれた地元組織や商工会、

青年会議所や企業などにお礼をして回ります。


そこでそれぞれの責任者的立場の人と懇談し、

そこが持つ不満、要求などを聞き出し、

話の一つ一つに強い共感を示しておきます。


そして聞き回った要求をまとめて

競合しそうな物にうまく折り合いを付け、

選挙向けの政策を確定したら、

貴会との先日の懇談で深く考える所があり、

これを実現するのに政治を無視することは

出来ないと考えるに至りましたと「出馬宣言」を行います。

これは自筆の手紙で行います。

直接懇談して出馬宣言をしようとすると、

各組織が既に支持しているセンセイ方への配慮から

やめてくれと言われがちです。


5.事前運動ではない(笑)政治活動開始

ここまできたら、個人演説会のお知らせポスターを作る、

毎日駅頭に立って演説するなどの、

日本国民なら誰でも自由に出来る「事前運動にならない」

政治活動が展開できます。


ガンガン宣伝して知名度を高める。

他の予定候補者がやらないようなパフォーマンスを繰り広げる。

選挙は知名度ですから、名前を売った者勝ちです。


理系の院生で既に博士の学位も得ているなら、

選挙期間中は出来ませんが、それ以外の期間に、

「子供のための楽しい科学実験ショー」みたいなのをやって

教育問題にも役に立つ人材だと言うことを

若いお父さんお母さんなどに印象づけるといいですね。


こういうパフォーマンスの実行にに、先に行っておいた

イベント企画の実績が生きてきます。


6.選挙戦突入

そうこうしているうちに選挙がやってきます。

都市部なら、予め掴んでおいた無党派層の票だけで

十分勝算がありますよ。


後援会組織は期日前投票の推進に力を入れて、

棄権票の取り込みに努力していく戦術を採ります。


地域にもよりますが、1000人の票田を得れば

議席が確保できる自治体は少なくありません。

1000人くらいなら、ひとつひとつのステップを確実にこなしていけば、

十分獲得できる人数です。

地方政治はそれでイケます。要は段取りです。

金も力も要りません。

◎質問者からの返答

すげー、ちゃんとしてるーー。

ガクガクブルブル。

これが一番受かりそうですね。

(創価作戦がうまくいくなら3さんの次か?)

すごく当たり前で、面白みには欠けますけど。

誰か、これを読んで再来年立候補して下さい!!

そして、TomCatさんと僕に利権を下さい!


5 ● nampu
●13ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1125485361

人力検索はてな - 若造が、区議会(市議会)議員選挙に打って出て受かるには、選挙に向けてどのような行動を取ればいいと思いますか? 順を追って、具体的に、戦略を考えてみて下さい。 端的な..

↑ダミーです。


端的に言います。名もない若者が無所属で当選するほど、甘くありません。当方さいたま市です。具体的に言いましょう。


私が若かったら、民主党埼玉県連が開催している「政治大学校」(期間は約半年)に参加します(受講料は1万円、学生半額)。民主党はここで将来の候補者を育てたいと思っています。


資金は多少かかるにしても、大部分は公営選挙で公費で賄われますから、それに党からの資金を合わせれば大丈夫。


さいたま市の場合、10区あり、現在民主党の市議会議員は3人。2年後の市議選には10区全てで民主党候補を立てる予定ですから、人材を求めています。


何より必要なのは、フレッシュな感覚と元気。そして人柄の良さですね。皆さんが思っているほどお金は必要ありません。


詳しくは遠慮しますが、最初のスタート時の3、40万円があれば何とかなります。

◎質問者からの返答

へえ。そんなのがあるんすかー。

nampuさんは民主党関連者ですか??

他の人のを見ても、民主党は結構一般に目を向けてくれてるのかなあ?


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ