人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

お茶碗の底の部分って、何か訳があってあういう風な形になっているのでしょうか?
製造上の理由からですか・・・?

●質問者: tooh11
●カテゴリ:学習・教育 グルメ・料理
✍キーワード:お茶
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● franbell
●15ポイント

http://cgi.nana7.com/zatugakunotobira/index14.htm

雑学の扉

焼くときの接触面積と関係があるそうです。


2 ● giko_neko
●15ポイント

http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/kau/hagiyaki/html/hy2.h...

茶碗の底を高台といいますが、何故高台の底が一部分が切り取られているかという意味でしたら、こういう説があるようです。


●切 り 高 台

この切り高台の理由については、いくつかの説があります。毛利藩の御用窯として製品

の市販が禁じられていたので、故意に高台を切ってキズ物として市販したとか、高台切り

は朝鮮李朝以来の伝統で、当時、陶工が製品を市場に運ぶ際に茶碗をたくさん積み重ねて

一番下の茶碗の高台の切れ目に縄をかけ、運びやすくしたのが今に残ったものであるなど


3 ● ichide
●14ポイント

http://www.bizenyaki.bizen.okayama.jp/mamet_koudai.html

高台

茶碗の高台はその始祖に神饌(供物台)があります。機能的には器にもったものが、熱を均等にかけ、冷めにくくするは丸くすることになりますが、そうすると丸い底では安定が悪いので台が必要になります。縄文土器などでは地面に埋め込んでいたので「高台」はありません。

また、高台は意匠の重要ポイントになっており、日本独特の椀を持って食べる食べ方にも摸た時やけどをしないために高台は不可欠です。


4 ● Sara
●14ポイント

http://www.hatena.ne.jp/sara

お茶碗に限らず、お椀などもそうですが、食器を持ち上げて食事をするのは日本人の特徴なんだそうです。洋食では食器を持ち上げる事は殆どありませんよね?茶碗などの底は確か高台と呼ばれていて、食器を持ちやすい様にわざわざあのような形を作っているのだそうですよ。ご参考になれば幸いです。


5 ● gase
●14ポイント

http://www.seto.gr.jp/toujiki/koudai.htm

???q???????f?U?C????????

高台部分の事かな?


1.持ち置きの為の指が、茶碗の下に入るように。

2.べっとり置くと机・茶碗ともに傷がつきやすいのでそれを避ける為。

3.接地面の面積を狭くする事で、一点にかかる重さを増やし安定を良くする為。


が主な理由です。


抹茶茶碗の茶溜の事でしたら

初期のものには必ずしもついていた訳ではないと聞いております。

お茶に限らず、陶器・轆轤整形したものは、どうしてもざっと作ると底にヘラや指の後が残りがちなんです。それを出さないように食器などは消して成形するんですけどね。茶溜は侘び茶の約束事という言い方をする人もいるくらいで、いま茶溜のない抹茶碗を作る作家はいないと思います。

飲んだ後少し茶の名残が残る茶溜は、風景としてよろしいのではないでしょうか。


的外れなコメントだったらごめんなさい?(^m^;)。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ