人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

物まねなど上手な方は、イメージをしてひょうげんするのが上手なのだと思いますが、そのイメージをして表現するコツなどありますか?

●質問者: AZUCHIN
●カテゴリ:ゲーム 芸術・文化・歴史
✍キーワード:イメージ 表現
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● 1500曲を突破♪
●13ポイント

http://trainer-labo.com/

TRAINER LABO〜演技専門トレーナーのための情報サイト〜

やっぱり、「なりきる」ことではないでしょうか。つまり、イメージとして(自分の外に)思い描いたり、想い描くのでなく、想い描いたり、思い描いたそのイメージに(自分を没入して)(つまり、自分を消し去って)なりきってしまうのです。それがコツです。

べつの言葉で言えば、「パフォーマティヴ」ということになりますが、これはパフォーマンスのパフォーマティヴです。つまり、演じる、実演する、ということで(それはけっして何かに「扮する」というのとはべつのことで)全身的なことです。

ようするに何かをイメージで表現するのでなく、そのイメージになりきって(勝手に自由に)実際に動く、その訓練が必要になるでしょう。いかがでしょうか?


2 ● impetigo
●13ポイント

http://goo.ne.jp/

goo

URLはダミー

物真似を知る人の物真似をする・・と言うのがコツのようですよ。かつてコロッケが言ってました。


3 ● GRMM
●13ポイント

http://odn.excite.co.jp/entertainment/television/a_chairman_and_...

ODN : 芸能と娯楽

以前ものまねをしている方のインタビュー番組を見た事があるのですが、

皆さんがおっしゃっていたのは、ものまねをする対象の方のことが好きだから

マネをするのだということでした。

好きこそものの上手なれ、ではないですが、根底に『愛』があるからこそ、

良く耳で聞き、目で見、研究するのだと思いました。

あとはほんの少しの誇張がスパイスになるのではないでしょうか。


4 ● chapuchapu2525
●13ポイント

http://www.yahoo.com/

Yahoo!

鏡の前で練習して、第三者に見てもらうことがポイントだと思います。上手な人は、人の特徴をすばやく捉えることに長けているのだと思います。


5 ● borin
●12ポイント

http://www.goo.ne.jp/

goo

やっぱりものまねする本人の映像をよく見ることだと思いますよ。

何度も何度も繰り返し見て、そのしぐさをまねするんだと思います。


その人になりきることが大事ですよね。

まねているうちにだんだん声もにてくるんじゃないかな?


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ