人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人付き合いが極端に苦手な主人公が悲惨な人生を送る小説があったら教えてください。

●質問者: 金じゃーヒャッハー
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:人生 小説
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● morningrain
●70ポイント

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))

人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

水没ピアノ―鏡創士がひきもどす犯罪 (講談社ノベルス)

水没ピアノ―鏡創士がひきもどす犯罪 (講談社ノベルス)

  • 作者: 佐藤 友哉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

李陵・山月記 (新潮文庫)

李陵・山月記 (新潮文庫)

  • 作者: 中島 敦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

質問の文を読んで一番始めに思いついたのが、太宰治の『人間失格』です。


最近の小説では、佐藤友哉の作品が人付き合いの苦手な主人公を執拗に描いています。特にこの水没ピアノは「21世紀の人間失格」ともいうべき雰囲気があり、現代の”ひきこもり的メンタリティ”ともいうべきものを余すことなく描けていると思います。


あと、中島敦の『山月記』もそういった作品と言えると思います。

◎質問者からの返答

早速のお答え有難うございます。人間失格、山月記は学校でやりましたから読んだ事があります。水没ピアノは初めて知りました。少し調べたところ、とても内容を気に入りました。今度読んでみたいと思います。もし他に、阿Q正伝みたいな、最初から最後までクズでどうしようもない主人公が出てくる作品があったらお知らせください。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ