人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

20世紀初頭(1900〜1910年ごろ)のアメリカ鉄鋼トラストで働く労働者の労働条件・労働状況についての資料を探しています。英語でもかまいません。この時代、鉄鋼トラストの労働者が「ただひたすら働かされるだけの希望のない職種」であったということがよくわかる資料だと完璧です。

●質問者: 松永英明@ことのは
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:1910年 20世紀 アメリカ トラスト 労働
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kyoren
●40ポイント

http://userwww.sfsu.edu/~epf/1994/reds.html

Reds and Revolution: The Great Steel Strike of 1919

本格的な資料ではないのですが、このページの中ほどに


「The situation of labor was bleak: by 1919, almost half the men worked twelve hours a day, seven days a week, and an unskilled worker’s average annual income was less than the estimated minimum subsistence for a family of five.」


という記述があります。

◎質問者からの返答

労働者の状況は苛酷であった。1919年まで、およそ半数の人が一日20時間、週7日働いており、未熟な労働者の平均年収は5人家族をかろうじて養うにも足りないほどだったと思われる。

ってことですね。いい感じの資料です。こんな感じでお願いします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ