人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

イギリスの経済が好調ですが、好調要因はなんなのでしょうか?
「金融が牽引している」などといった漠然的な答えではなく数字なども絡めて具体的にお答えください。また為替(ポンド)高をどう吸収しているのかにも言及くださるとありがたいです。

小泉流の一言コメントにはポイントは差し上げません、あしからず。

●質問者: neu_rock
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:あしからず イギリス コメント ポイント ポンド
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kosuke2005
●40ポイント

http://www.mri.co.jp/REPORT/ECONOMY/2004/dc04072702.pdf

18世紀の産業革命以降、近代において世界経済をリードする工業国で、造船や航空機製造などの重工業から金融業やエンターテイメント産業に至るまで、様々な産業が盛んである。しかしながら、19世紀後半からはアメリカ合衆国、ドイツの工業化により世界的優位は失われた。第二次世界大戦によって国内が荒廃すると国力は衰え始め、各地の植民地をほとんど独立させた1960年代後半には経済力はいっそう衰退した。その反面、政権を握った社会主義など革新政党は公共福祉の改善に力を入れ、国家予算を大胆に福祉に投入したため、1970年代には世界有数の福祉国家になった。しかし、景気回復になんら実用的な手立てを打たなかったために、継続的な不況に陥り、企業の倒産やストが相次いだ。その様は「英国病」とまで呼ばれる始末であった。


しかしながら、1979年に登場したサッチャー政権下で国営企業の民営化や各種規制の緩和が進められ、1980年代後半には海外からの直接投資や証券投資が拡大した。この過程で基幹産業の一つである自動車産業の殆どが外国企業の傘下に下ったが、この事が象徴するような外国からの投資の拡大を、積極的に自国の産業の活性化や雇用の増大に繋げて行き、その後の経済復調のきっかけにして行った。その後、1997年に登場したブレア政権における経済政策の成功などにより経済は復調し、今や先進諸国では数少ない好景気を享受するようになったが、その反面貧富の差の拡大や不動産価格の上昇などの問題が噴出してきている。

http://www.mof.go.jp/kankou/hyou/g446/446_a.pdf

http://www.dir.co.jp/publicity/column/040209.html

大和総研 / コラム

http://www.jil.go.jp/jil/kaigaitopic/2000_03/igirisuP01.htm

?C?O?J???g?s?b?N?X?@?C?M???X

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ