人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今日は、巧妙な小泉政治に国民が敗北した日だと思います。
なぜ、役に立っていない外務省を改革せずして改革ができるのでしょうか。
なぜ、システム的に腐敗している警察を改革せずして、改革ができるのでしょうか。
なぜ、決して説明しない政治家を信用できるのでしょうか。
なぜ、何の問題もない郵政を改革する必要があるのでしょうか。
「郵政なくして改革なし」という言葉のどこに真実があるのでしょうか。こうしてまた、労働力としての国民を育てるための公立校とエリートを育てるための私立校の分離が進み、政権選択の可能性が失われ、改革という名で、不採算部門(老人、障害者、地方経済など)の切捨てが進みます。
なぜ国民は敗北を選んだのでしょうか?

●質問者: todo_todo
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:エリート システム 不採算 公立校 労働力
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 200/200件

Q01.
A. 敗北したことに気づいていない
104
A. 自分は勝ち組になれると思っている
55
A. 弱者を切り捨てる快感が好き
9
A. 支配されるほうが好き
21
A. 鶏口になるよりも牛後になりたい
11
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ