人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

医療事務及び診療報酬の請求について詳しい方にお聞きします。

診療報酬明細書の記載要領で、「療養の給付」欄の「一部負担金額」の項の記載について、
「在宅末期医療総合診療料又は寝たきり老人在宅総合診療料を算定した場合に限り記載することとし、支払いを受けた一部負担金の額を記載すること。なお、この場合において一部負担金相当額の一部を公費負担医療が給付するときは〜(以下略)」
とありますが、「一部負担金相当額の一部を公費負担医療が給付するとき」というのは具体的にどういう場合ですか?

●質問者: InTheDarkness
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:人在 以下略 医療 医療事務 総合
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hamao
●130ポイント

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20050525so12.htm

[解説]難病指定 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

難病指定

原爆手帳保持

などが想定されますが、それ以外にも…

◎質問者からの返答

「原爆手帳などを保持している=一部負担金相当額の一部を公費負担医療が給付する」ではないと思うのですが。

それら公費は必ず公費対象外の診療行為があるわけではないですよね?

この質問はどのような公費負担医療があるのかを尋ねているわけではありません。

----

参考にしていた事例が複雑なものばかりだったために、混乱していたようです。

手元のレセコンでいくつか試した結果、一応理解できたので終了します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ