人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ギターアンプについて教えてください。マーシャルをスピーカーにつなぐ際、4Ω、8Ω、16Ωと3つあわせるチャンネルがありますが、何の為にあるのですか?音質や音量的な差はあるのですか?4Ωと16Ωで差を確認したのですが、私にははっきりとした違いがわかりませんでした。どなたかご存知の方教えてください。よろしくお願いします。

●質問者: koiwa3939
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:アンプ ギター スピーカー チャンネル マーシャル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●20ポイント

http://www.kandashokai.co.jp/tips/impedance/impedance.htm

インピーダンスについて

原則的にはつなぐスピーカーのインピーダンスに合わせて使います。

スピーカーのインピーダンスはユニット単体では4Ω、8Ωなものが多いです。ただし、このように複数配線されている場合はもっといろいろな組み合わせが生じますが。

で、スペック的には16Ωのところに4Ωのスピーカーをつなぐと、アンプが想定している場合の4倍の電流が流れることになるので目いっぱいなパワーをかけた場合スピーカーかアンプが壊れる可能性もなきにしもあらずですが

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1227858

OKWave スピーカーインピーダンス

で、よその掲示板(これはオーディオアンプの場合ですが)でも話題になっています。

ここを読んでも「よほどぎりぎりな使い方をしない限り壊れることもないし、音質・音量の差も(多少ボリュームをいじるぐらいで)わからない」という意見が大半のようです。

ただ、ギターアンプの場合はライブのときなんかだとオーバードライブ気味にフルパワーで鳴らしますからねえ、あわせておいたほうが無難かなあ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● nitscape
●20ポイント

http://www.harman-japan.co.jp/technolo/jbl_techno_05.htm

該当の製品を見て答えているわけではないので間違えているかもしれませんが。。。


スピーカーに応じて使い分けるために用意されているのだと思います。


スピーカーの背面を見ると「4Ω」や「8Ω」のような表示があると思います。「4Ω」の表示がある場合はアンプの「4Ω」のところに接続します(つまり同じ値の端子に接続します)。


4Ωや8Ωというのは「インピーダンス」というものを示しています。インピーダンスが何かというのは電気の用語で使われる「抵抗」だと思ってそれほど間違えはありません。厳密には違うのですが、インピーダンスはそれだけで1冊の本ができてしまうほど奥が深いものですから、まぁこの程度の理解でいいと思います。


値が違う端子にスピーカーをつなぐと、アンプとスピーカー間で信号をやりとりするときにロスが(普通のときよりも多く)生じます。音質や音量的の体感的な差は感じないかもしれませんが、差はあります。また電力的にロスが生じますので、ギターアンプのように使用時の出力が大きいものの場合はロスする量も大きくなり、アンプやスピーカーに大きな負担がかかります。すぐに故障するというようなことはないですが、故障する可能性も上がると思います。そのため同じ値の端子に接続するようにした方がいいと思います。

◎質問者からの返答

有難うございます。奥深いですね。


3 ● ariho
●20ポイント

http://www.toa.co.jp/products/manabiya/oto/7-2.htm

なるほど音の教室

http://members.jcom.home.ne.jp/ngs/basicans/ans11.htm

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1050159

[教えて!goo] 実験室内のスピーカーを別のアンプで動作させたい・・・

こちらでどうですか。

◎質問者からの返答

有難うございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ