人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

子供時代の気持ちをとりもどすにはどうしたらよいでしょうか?
大人になると自分のできること、できないことを頭で理解しているため、冒険心が持てません。また人の目もいつのまにか気になるようになってしまいました。子供の時、自分のやりたいことを誰の目も気にせずできたのが、今はできません。理性が働きすぎているようなかんじです。もちろん、犯罪をおかしたり、生活不能に陥りたくはありませんが、少しでも子供時代のように、のびのびと自分を表現できるようになるにはどうしたらよいでしょうか?私は30代の会社勤めの男性です。
趣味にはしる、仕事に真剣にとりくむなどでもかまいませんが、具体的にどのようにすると良いかをアドバイスして下さい。

●質問者: sukkyxp
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:アドバイス 会社 冒険 子供 犯罪
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 21/21件

▽最新の回答へ

1 ● astral_box
●14ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

URLはダミーです。


子供時代の物を捨てていなかったら

日記や手紙、学校のノート、プリントなどを読み返してみてはいかがでしょう。

昔の写真や卒業アルバムでもいいと思います。

私はそれらを手に取り、改めて見てみたことで

“その頃の思い”を思い出しました。

忘れてないつもりでも、結構忘れていることが多かったです。

こういう大人になりたくない、将来こういうことがしたい、

そういうことが書いてありましたし

友達と話していた会話のことも思い出しました。


同窓会があれば出席してみる、同窓会とまでいかなくても、

昔の友達に誰か一人にでも連絡してみてはいかがでしょう。

今の思いを素直に話してみていいと思います。

(子供の頃と違い冒険心がなくなった等ということを)

あの頃、どういうこと考えていたか、何をしていたか、

ただそういう話をするだけでも違う気がします。


昔の日記やアルバムもなく、同級生と連絡もとれない場合は、

会社の人やネットの人でもいいと思います。

話してみてはいかがでしょう。

皆、口には出さないけど、同じことを感じているんではないかと思うんです。

あまりこういう話すらしなくなった、できなくなったからこそ

話してみることだけでも何か違ってくると思うんです。

この質問をしたことだけでもきっとそうです。

色んな方の回答からヒントが得られるかもしれません。

◎質問者からの返答

ありがごうございます。

そうですね、子供の頃に何を考えていたかを、いろいろなつながりから、探っていくのも良さそうですね。一番最初になりたいとおもった職業は電車の運転士だったことを思い出しました。


2 ● Prayer
●14ポイント

http://member.toei-anim.co.jp/tv/GB/

「金色のガッシュベル!!」TOPページ

このアニメの漫画を読んだほうがいいです。今のうちに自分らしさを取り戻すチャンスです。絶対にお勧めです。血を流すだけの漫画を見るよりは、よっぽどマシです。まあ、参考にしてください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

なぜいいのか分かりませんが、今度漫画喫茶に行った時には読んでみます。


3 ● TomCat
●14ポイント

http://www.hatena.ne.jp/(^-^)/:detail]

私は子供の頃、子供ゆえに果たせなかったことがたくさんありました。

経験や知識が不足していて果たせなかったこと。

体が成長していなかったから出来なかったこと。

子供一人の力ではどうにもならなかったこと。

色んなことがありました。


そんな時、いつも早く大人になりたい、

大人になって今果たせなかったことをきっとやってみせると

心に誓ったものでした。


子供の時の心と、大人になってからの今の心は、

そういうところでひとつながりなんですよ。

子供ゆえに果たせなかったことを、

今達成できているという充実感。

それが、子供の頃の心と一直線につながって、

今の喜びにつながっています。


憧れていた資格も取りました。

それなりの発言力も社会的影響力も手に入れました。

スポーツだって子供の頃に出来なかったことが今は楽々です。


捨て猫を見つければ、自分の判断と責任で連れて帰れます。

もう、子供の力ではどうにもならないと

泣くこともありません。


子供の頃は、たしかに発想も自由で、

四方八方に夢が広がっていたでしょう。

しかし、結局は詰まる所、大人に憧れていたんです。

みんなそうだったろうと思います。


たとえ周囲の大人がみんな腐って見えたとしても、

ああいう大人にだけはなりたくないと誓うことで

なりたい「大人像」というものを作り上げていたわけです。


その大人になった今、子供の頃に憧れていた

「何」を達成したのか。あるいは達成しつつあるのか。

それを見つめ直せば、子供の頃の心はすぐに蘇ってきます。


万一、子供時代に何の憧れも夢もなく育ってきたとするならば。

あるいは全ての夢や憧れを忘れきって

無目的に大人になってしまったとするならば。


今、大人だからこそ持てる夢と目標を持てばいいんです。

いつの日も、少年は強い憧れをエネルギーにして、

ひたすら成長を求めて明日に向かっていきます。

そのエネルギーを得ることは、

今からでも十分可能なはずだと思いましょう。


少年の心は変質したのでも無くなってしまったのでもなく、

今も脈々と生き続けているんです。

むしろ経験と知識を得て成長した分、

そこには何倍も大きな可能性が秘められているはずです。

◎質問者からの返答

長文ありがとうございます。

「捨て猫を見つければ、自分の判断と責任で連れて帰れます。」

逆に何でもできすぎてしまうために、夢が持ちにくくなっているのかも知れません。

「今、大人だからこそ持てる夢と目標を持てばいいんです。」

これが非常に難しいように思います。

職業を今からかえるには大変な勇気がいりますし。やはり成長のエネルギーが減衰しているからでしょうか。大人となった今の方が大きな可能性を秘めているというのはちょっと、言い過ぎではないでしょうか?


4 ● kidd_pclabo
●14ポイント

http://www.hatena.ne.jp/awindow?qid=1127828835

僕もまだどちらかといえば子どもですが、子どもと大人の違いは、言いたいこと・思ったことを言うだけではいけないと言うこと。 あと、もっと幼い子どもでは秘密を持つことでしょうか。

参考になるか微妙ですが、

何かに没頭するなんていいと思います。 それをしてるだけで、わくわくして楽しいみたいな。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

何かに没頭するのは私もいいとは思いますが

子供の頃ほど本気で没頭できないのが

悔しいところです。


5 ● konoha788
●14ポイント

http://konoha788.hp.infoseek.co.jp/

このはつづり-詩の勉強始める人に-

URLダミーです。


白い紙に向かって、えんぴつでもクレヨンでも、できるだけ無心になって浮かぶものを描いて見て下さい。


あるいは、ノートに浮かぶまま言葉を書く。


自分でも気づかない何かが浮かび上がることがあります。

自分のやりたいことが深層心理として描かれるかもしれません。


私もそうだったんですが、問題行動を心配するということは、それだけガマンしてることが多いんでないでしょうか?


この際、人に見せなくてもいいので、

見せれないようなものでも

遠慮なく大胆に描いちゃいましょう。

紙の上で公表しないなら大丈夫。

かえって、変な行動をおこさずに済みます。


浮かばなかったら、グジャグジャ書き殴るとか塗りつぶすとか、どうでしょう?


なんか、そのときの自由になった感覚を覚えておくのがいいかなぁ?と思います。


私は理屈人間なので、感覚を大事にしたいなぁ、って芸術に頼っています。


私の場合、子供の頃も人目を気にしていたので、今でも感情を抑えるクセがあるので

詩なんぞ書いて自由な感覚を味わってるのかもしれません。


他でも、そんな風な感覚でいられるようになりたいです。


余談ですが、結婚して親元離れたら、

私はかなり自由になれました。

夫の前で奔放に甘えて、外ではビビってますが、味方がいるという安心感で冒険的になれました。


なんか心強い味方を作るのもいいですね。


お笑いのボケの才能はツッコミがいないと、開かれていかないように。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

問題行動を心配しているわけでも、しそうな訳でもありません。返ってわきまえ過ぎている位です。逆に本当に何がしたいのかが分からない状態です。

思い浮かんだものを描くというのは面白そうなのでやってみたいですが、無心になって描くのが非常に難しそうですね。


1-5件表示/21件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ