人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

美人・不美人の度合いは、人格の一部と考えた方が良いのでしょうか。人格の一部であれば、企業の採用条件として明示すべきでないことは理解できます。しかし美人・不美人の度合いを、人格の一部だとした場合、不美人の人は人格に問題がある、あるいは人格的に劣るということにつながりませんか。
(先行質問 http://www.hatena.ne.jp/1128084618 学歴・年齢・スキルなどは条件として明示できても美人募集と明示できない理由)

●質問者: hitzoo
●カテゴリ:就職・転職 生活
✍キーワード:スキル 人格 企業 学歴 採用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●13ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

?g?????O??

最近は美容整形とかが増えているので、美顔が人格形成とはいえないでしょう。但し一ついえることは、輝きのある目をしている人は、充実した人生を送っている人が多いということでしょうか。

惰性で人生を歩んでいる人は、自然と目の輝きが失せてしまいます。趣味に没頭したり、学業に没頭したり、仕事に情熱を燃やしたり、何かしらに対して懸命になる物があれば、充実した人生と同様に輝いた目となるでしょう。目を見れば人生が充実しているか否かはある程度分かりますね。

そう考えると、目の輝きがない人は、与えられた物を与えられたとおりにこなす人生しかしていないという感じがします。人格的に劣るというか、生きる喜びを知らないということでしょうかね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。目の輝きは例外として、美顔が人格形成ではないということですと、美人・不美人の度合いは、学歴・年齢・スキルなどと同様に扱っても良いということでしょうか。


2 ● jyouseki
●11ポイント

http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid58.html

「いんちき」心理学研究所 | 外見と性格と化粧

30代半ばの私の人生経験によれば、性格の良さと顔の良さは全く一致しません。

外見は非常に美しく、性格も優しかった人を信用してお金を貸したら、行方不明になりました。

ただし、整形やメイク技術によって本人が自身を持つことがいい面に作用することもあれば、その逆もあります。

正に両刃の剣だと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。両刃の剣ですか。


3 ● jazzzy
●17ポイント

http://www.goo.ne.jp/

goo

美人・不美人は人格との一部だと思います。漢字からみても うつくしい人ですから、必ずしも容姿に関わらず、心が美しい人でも良いと私は思います。


主旨とはちょっと外れますが、女性を採用するに当たって美人はもちろんいいと思います。でもそれは男の世界でも同じで、やはり愛想が悪い男で、ぶっきら坊の人間を採用したいと思わないのが普通だと思います。 はなしを戻しますが、美人とか不美人という問題でなく、企業の採用ではこの人がいかに我が社に対して利益もたらしてくれるかが一番重要なのではないでしょうか?そうなると美人がいいのはひとつの理由としてあっても良いと思われます。しかし会社はそれだけでなく総合的に判断しているはずです。例えばこの部には、営業の優れている人が必要だとか、ムードメーカーが必要だとか、人間関係を円滑にできる人間が必要などいろいろあると思います。


最後に長くなりましたが、不美人と美人これは極論になると思います。別に普通の人もあると思いますので、不美人に思われないよう努力することが人間的に大事なのではないかと考えます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。あなたのご意見に同感のところが多いです。

美人・不美人は人格との一部だということですが、その場合、不美人だとやはり人格的に劣ると考えてよいのでしょうか。また、「女性を採用するに当たって美人はもちろんいいと思います」ということですが、先の質問では、企業が美人を採用の方針ということを明示することは、社会的に批判される可能性が高いという回答が多かったのです(http://www.hatena.ne.jp/1128084618)。あなたがおっしゃるように、企業の採用ではこの人がいかに我が社に対して利益もたらしてくれるかが重要であり、その判断の結果として、美人を採用すると明言したとしても、何も問題ないと思うのですが、にもかかわらず、社会的に批判されるとかイメージダウンになるという理由が私にはわからないのです。美人が採用されると、自分が不美人だと思っている人が腹が立つからというご意見もあったのですが、自分が不美人であることをそんなことで逆恨みするほど心が狭い人が多いとも思えず、今回の質問に至っています。


4 ● lucifer07
●11ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1128250996

人力検索はてな - 美人・不美人の度合いは、人格の一部と考えた方が良いのでしょうか。人格の一部であれば、企業の採用条件として明示すべきでないことは理解できます。しかし美人・不美人の..

考えないべきでしょう。


美人、不美人はあくまで客観的なもの。しかも時代によって基準がかわるものなのです。

それによって社会に影響が出ているのも事実です。


あと、スキルと美人は全く関係ないものなので明記されないのでしょう。


よって考えないべきです。人格的にも劣っているとは思いません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。人格の一部ではないということですね。


5 ● aki5921
●13ポイント

http://a.hatena.ne.jp/

はてなアンテナ

ダミーURLです。


美人・不美人も人格と言えると思います。言えなくとも、「徳」と言えるかも知れません。

しかしきれい事を言うようですが、美人・不美人は人格の欠陥ではないと考えます。


この「美人」の定義は相対的であり、非常に曖昧なものだと思います。

法律論から言えば男女雇用機会均等法に反し違法な求人広告となる恐れがありますが、そうでなくとも、これでは採用の基準が極めて分かりにくく、適正な手続の要請に反し、更には不採用となった人を著しく傷つけます。


また、レースクイーンやアイドルであれば、美人がやる仕事とはじめから分かり切っていますから、そいうった職種で「美人募集」と書くのは法律的見地からはともかく、極めて不当なものとは思いません。


しかし一般企業で働く者にとって、美人・不美人は仕事のできない条件とはっきり言えるしょうか?

それは美人の方がいくらか得をするかもしれません。しかし、それは能力ある美人の話です。やはり企業で働く以上、能力なき者は美人であれ、無能者の烙印を押されることに間違いはありません。


従って私は、これをもって直ちに人格的に劣るとは言えない所以だと思っております。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。『美人・不美人も人格と言えると思います。言えなくとも、「徳」と言えるかも知れません』ということですと、不美人の人は「徳」が少ないということでしょうか。そして、この「徳」が少ないというということは、就職には限定されず一般的に言えることと考えてよいのでしょうか。なお、男女雇用機会均等法については、私の書き方に問題があったかもしれませんが、美人=美男・美女と考えれば、特に男女差別ではないと思います。


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ