人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

きのこのぬめりって、なぜあるのでしょうか?

●質問者: ply
●カテゴリ:生活
✍キーワード:きのこ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● keisuke2005
●10ポイント

http://superkireizuki.com/tatamikinoko.htm

畳のキノコ退治

キノコの生育には、湿気が重要です。

ヌメリは、キノコの体から水分の蒸発をおさえ、保湿するためにあるのと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

確かにそうですね。


2 ● kamikio0910
●30ポイント

http://weather.yahoo.co.jp/weather/

Yahoo!???????

上はダミーです。

これは私の考えで、根拠のないもので申し訳ありません。


キノコのぬめりは、かさ表面がぬめっているということと、キノコ自体が胞子を落下させて子孫を増やしていく存在ということで、


「ぬめり」が、きのこのかさの表皮を保護して、衝撃や、傷などから守る働きをしているのではないでしょうか?


かさの裏には、ひだがあり、ひだには子孫繁栄のための胞子や胞子をつくるための機能がたくさんあります。それを保護するためにあるのではないかと思うのです。


ぬめりを持つキノコは、例えば、ナメコやハナイグチ、ヌメリガサ科のキノコなどいろいろとありますが、例えばすごくぬめりを持つナメコなどは表面はぬめりがすごいですが、胞子のあるひだの部分にはぬめりはありません。ひだの部分にぬめりがあると胞子を落下させることができませんものね。


以上、私の私見です。

◎質問者からの返答

説得力のある回答ありがとうございます。

確かに、ぬめりがあるのは大体かさですね。

そういえば、そもそもぬめる機構ってどうなっているんでしょうね?


3 ● naopoleon
●25ポイント

http://www.jp-health.com/shop/tornado/

キノコキトサン◆トルネード◆健康通販ヘルスショップ

有害成分をその吸着力で抱き込むためのものです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ぬめりの成分がわかりました。

しかし、なんで有害成分を抱き込む必要があるでしょうか?

害菌を発生させないということでいいのかな。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ