人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【親の取引先の社長が、仕事を紹介してくれようとしています。】
私は以前、仕事で鬱になり辞めて以来フリーターを続けてきました。
景気回復基調とはいえ、まだマトモな求人は少なく、メドすら立っていません。
貴方なら紹介に応じますか?
本心は、本当にやっていけるのかどうか不安で、親の顔を潰すのが怖いのが実状です。
体験談やアドバイスがありましたらお願いします。

※病気は完治してますが、恐怖心はあります。

●質問者: keisuke2005
●カテゴリ:就職・転職 生活
✍キーワード:アドバイス フリーター 不安 体験談 基調
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●13ポイント

http://www.hatena.ne.jp/awindow?

体験談はないですが、アドバイス程度なら・・・。


親も 症状を承知のうえで、紹介してくれているのだから、甘えて就職したらいいと思いますよ。


あと、ちょっと違うのですが、HNのうしろについている2005って何でしょうか?

過去に似たようなHNの人がいましたが、もしかして・・・?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。そっちの方向で考えています。いつまでも逃げてても仕方ないのは解っているんですが。。

※2005は単なる西暦です。名前が既に使用されていたので後ろに付けてみました。HNはこれ一つだけですし、また先月入会(?)したばかりなので、恐らくその方とは違います。きっと同じような事で悩んでる人が多いという事ではないでしょうか?。解答ありがとうございました。


2 ● eternalwind
●13ポイント

http://www.google.com/

Google

正直言って、現在の景気状況で、フリーターを雇ってくれるところは、ブラック企業ぐらいなものですから、やってみるのもいいかと思いますよ。私も新卒でブラックIT系企業に就職して、世間の厳しさに絶望したんですけど、転職して、ふつーの会社って言うのは

楽なモノだなあーと・・・。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。そうですね。。普通の会社ってナカナカないものですよね。また外部からは見えない隠れブラックもありますしね。。


3 ● jyouseki
●13ポイント

http://www.infoseek.co.jp/

【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイト

私もあなたと同じように、心の病気により仕事をやめました。

まだ完治していないので、働きに出ていません。

あなたは治っているのでしょう。ぜひ働くべきだと思います。

ただ「親の顔を潰すのが怖い」という気持ちによって働くなら、長続きしないでしょう。

今、完全に健康な人でも仕事がない人が大勢います。

過去に心の病気を持っていたあなたに仕事の話が来たことはとても幸運だと思います。

やってみて、全力で頑張って、どうしても耐えられないと思ったら、そのときに辞めたらどうでしょうか。

やる前から不安になっても、どんな仕事もやってみないとわからない面が多いのです。

心から応援しています。頑張ってください。

◎質問者からの返答

そうですね。同じ境遇の方の言葉。。染みいります。なんだか前向きな気持ちになってきました。ありがとうございます。貴方にも良いことがるように祈っています。ありがとう。


4 ● ridai5783
●13ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

↑ダミーです。

私の友人は、見事に親に紹介してもらったにもかかわらず、鬱で辞めてしまいました。

やはり、コネだと分かってしまうと周りから揶揄されますし、それなりの期待に答えていかないと苦しくなるようですね。親は、一度鬱で会社を辞めているなら、親の顔を潰されることは覚悟していると思われますが。。


どうしても、今すぐに就職する必要があるならやむを得ないと思いますが、マトモな求人が少なくても、地道に活動して決めるのが、自分への言い訳もできずに一番良い選択肢に思われます。

厳しいようですが、私にはこの質問をしている時点で断るべきだと思います。

◎質問者からの返答

確かに。心に負担を感じている事は事実です。

でも、就職せざる理由もあるのです。解答ありがとうございます。


5 ● coool51
●12ポイント

http://www.nhk.or.jp/fukushi/utsu/file/

うつサポート情報室 | 過去の放送

仕事である以上、自分の体調云々をいろいろ言い訳に使わざるを得なくなるような気分は、あまりいいものではありませんね。まして、親のつながり云々なら、そこを甘えと捉えられてしまうのも辛いですし。


しかし、仕事をする機械ではないわけですから、自分の健康状態は事実として報告しておいた方がいいと思いますよ。


そして、折角オファーがあって、自分でもそれに応えられそうなら、自分ができる範囲でやってみてはどうでしょうか? 例えば、1日の労働時間を区切ってもらうとか、期間をとりあえず3ヶ月なり半年を目処にしてもらうとか、仕事の内容を調整してもらうとか。


受けるにしても、お断りするにしても、自分に無理のない範囲で考えてはどうでしょう。「親の顔」をあまり過敏に心配せずに。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。やはりチャンスですものね。

ここ数年、バイトの傍ら職安には顔を出していますが、

同じ企業のばかり募集しているのが実状です。

前向きに考えたいと思います。ありがとう。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ