人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

恋愛の初期においては身体を求め合う事(セックス)に非常に一生懸命なのに、時間の経過(1年とか2年とか)とともにあまり身体を求め合わなくなるのは何故なのでしょうか?また自分はそうではないという方はいらっしゃいますか?動物的な大脳皮質などでの説明ではなく、精神的満足度の方面からお教えいただけないでしょうか?

●質問者: nauseatingpurev
●カテゴリ:生活
✍キーワード:セックス 一生懸命 動物 大脳皮質 恋愛
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● naka1kazu
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1128339633#

人力検索はてな - 恋愛の初期においては身体を求め合う事(セックス)に非常に一生懸命なのに、時間の経過(1年とか2年とか)とともにあまり身体を求め合わなくなるのは何故なのでしょうか..

出会って4年、結婚して3年たちますが、まだ体を求め合っていますよ。相性があるなあとは感じます。満足しているので他に目が行くことも(今は?)無いです。ちなみに40代の男性です。

◎質問者からの返答

頻度が減るということもないのですか?


2 ● komiyatakun
●15ポイント

http://www.daily-yamazaki.co.jp/index.html

デイリーヤマザキ TOP

それはただ単にマンネリで飽きただけだと思います。

同じ相手で同じからだ、素人の限られたテク

だからです。好きなことでも続ければ

飽きます。ですが、ずっと好きな人もいますし、

ただ単にそういうことです。

◎質問者からの返答

単刀直入ですね。でもそこまで割り切れないんですよね。


3 ● tkyktkyk
●15ポイント

http://www.lc-net.net/taiken/sexual/manneri.html

マンネリ 体験談[セックスマンネリ化の悩み解消 ラブコスメの公式体験談ページ]

同じ人間の同じ部分の同じリアクションを何度も見てしまい、自分の性的欲求および性的満足感が鈍化してしまうからだと思います。

何年も何年も同じことを繰り返していれば飽きますし、

何度も同じ反応を知っていれば慣れてしまいます。

性的刺激も似たようなものだとは思いますが、

それまでとは違う人間としている、という新しい刺激と感情を与えることにより

より快感の度合いを別の新たなものとして受け止めるからではないかと思います。

ですから同じ人と長く続けていくには、日々新たな刺激を取り入れることが重要なのだと思います。


「本能でより多くの子孫を遺すために」というのは、多分にオトコの勝手な言い訳だとも思いますね。

◎質問者からの返答

快感も刺激も重要なのですが、初期の頃はそれ以上に精神的な満足感があるとおもいます。時間とともにそれを上回るような精神的満足感が得られるようになったのか?単に飽きたという考えはどうしても受け入れがたいのです。


4 ● jyouseki
●15ポイント

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B4%B7%C0%AD&kind=...

国語辞典 英和辞典 和英辞典 - goo 辞書

まず第一の理由が慣れだと思います。

人間は同じことを繰り返すことは飽きます。そうでない人は続けます。

このはてなの世界にも同じハンドルネームに執着する人もいれば、退会と入会を繰り返す人もいます。

人生色々、恋愛も色々、肉体関係も色々です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。人間は身体を重ねると、その人を包むオーラが普段生活しているときでも2人を繋げると言います。(ハートマークはそのオーラが繋がった形から来てるそうです)私にはセックスという行為が、単なる生殖行為だけではない、知恵のある人間としての必要性があるのかをお聞きしたいのです。もちろん相手を愛しているという前提は絶対です。


5 ● TomCat
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1

人力検索はてな

大人の恋愛は、そもそも相手の性的魅力も含めて好きになって、

そこから始まっていくわけですから、

その初期において積極的に体を求め合うのは当然です。


しかし相手のことを深く知っていくと、次第に

肉体的に知覚できる以外の部分も愛し始めますから、

だんだんそちらにウエイトが移っていくことは

多々あるわけです。


それは相手の肉体に興味を失ったのではなく、

別のところを愛し始めた、ということです。


また長く付き合っていると、セックスなんぞいつでも出来るが、

その満足感は行為の瞬間だけ、ということも分かってきます。


それに比べて、たとえば何もせず二人同じ部屋で

家族のように過ごしている時間。

そんなものが、このうえなく貴重なものに思えてくるわけです。


そうすると、瞬間湯沸かし器のような肉体的満足感より、

沸騰はしていなくてもいつも温かい、

そんな落ち着いた心の満足の方を、

だんだん好むようにもなってきます。


私の場合は、約一年でそういう段階に入ってきたように思います。

でも特に相手の肉体的部分に対する魅力を

感じなくなったわけではありませんから、

求め合う一生懸命さは変わっていないと思います。

それ以外の一生懸命が増えて、

比率が下がってきたという感じでしょうか(^-^;

◎質問者からの返答

今までで一番納得できる解答でした。ありがとうございます。もう少し募集します。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ