人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

こどもから聞かれてうまく答えられなかったこと。地面はなぜ燃えないのか?よろしくお願い致します。

●質問者: rhai
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:燃え
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 19/19件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●0ポイント

http://www.boj.or.jp/stat/pi/pi.htm

「物価が上がっていくのはなぜ?」


2 ● london
●10ポイント

http://www.google.co.nz/

Google

燃焼の条件として、燃えるもの、酸素、発火点に達する温度があります。

地面には砂や石がありますが、砂そのものは燃えないですよね?


燃えるものがないから燃えないって事でいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

燃えないものもあるんだよねって答えたんですよ。


3 ● nitscape
●25ポイント

http://www3.toyama-u.ac.jp/~kihara/chem/fire/fuel1.html

$BG3$($k$b$N(B

世の中には火が着くものと、着かないものがある。

というのはダメでしょうか?


灰皿の上でライターに火を着けて、紙を近づけると燃えますよね。”紙は燃えるものだから”しかし、コップに火を当てても燃えませんよね。”コップは燃えないものだから”ということで、世の中には燃えるものと燃えないものがあるというわけです。


子供が酸素と二酸化炭素が分かる年齢でしたら、紙は燃えたら炭になるよね。炭は二酸化”炭”素の言葉からも分かるように二酸化炭素の素の1つの炭素をよく含んでいて、酸素と反応しやすいから燃える。でも地面は酸素と反応しずらいから燃えないというわけ。

何で反応しずらいかは...例えばアルミのコップは燃えないよね。でもアルミホイールは、ガスコンロに近づけると燃えるんだよ!という感じで実験。

つまり材質が同じでも形によって燃えやすさが異なる!紙は燃えやすいけど密度が高い雑誌などは燃えるのに時間がかかるように形によって燃えずらくなる。地面は雑誌と同じでかなり密度が濃いから燃えずらい!。。。苦しいですか?かなり難しいかもしれませんね。

◎質問者からの返答

けど結構いいです。参考になります。ありがとうございます。


4 ● sky777
●20ポイント

http://www.kt.rim.or.jp/~i-akio/STORY_FUU_KOPE/fuu_kope_menu.htm...

FUU-KOPE_MENU

ここに載っている「土は燃えるか?」という話を参考にして説明すると、こどもにもわかりやすいと思います。

◎質問者からの返答

長かったけどおもしろかったです。ありがとうございます。


5 ● はてな滅ぶべし
●100ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

リンク先はダミーです。


地面=土ならば土の主成分は二酸化珪素(SiO2)です。

二酸化珪素は酸化物なので、これ以上酸化つまり燃えることはありません。


子供向けに分かりやすく言えば、土は燃えかすだからこれ以上燃えないということでどうでしょうか。

◎質問者からの返答

いいですね。実にわかりやすいです。とても納得しますね。


1-5件表示/19件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ