人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

弊社の従業員で自己都合で退職希望のものがいるのですが、当人が失業保険を早めに受け取りたいため会社都合の解雇でも構わないといっています。
会社側、退職予定者双方において、解雇で退職した場合今後不利な点はありますでしょうか?
できるだけ早く失業保険を受け取る一番よい方法はありますでしょうか?

●質問者: okunyan
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:会社 失業保険 希望 自己 解雇
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● spyglass
●14ポイント

http://www.hellowork.go.jp/

ハローワークインターネットサービス

解雇した場合のデメリットとしては、

会社側に対して「リストラをせざるを得ない理由があったのだろう」と云う風評ですね。

つまり社員削減をしないといけない状態(経営の悪化等)のイメージが付きやすいですね。

退職予定者の方にも「リストラされた社員」と云うレッテルが貼られて再就職が難しくなります。

自己退職で少しでも早く失業保険を受け取る一番よい方法はハローワークに行って就職訓練課程を受講します。

勉強しているのだから、それの補助として3ヶ月間の休止措置は免除されすぐに受け取る事が出来ます。

詳しくはお近くのハローワークまで。


2 ● Setiablue
●14ポイント

http://musyoku.com/bbs/view.php/1106876730

自己退社と会社都合の退社

ココが多少参考になるかと。

会社都合の方が自己都合よりはいいと思いますよ。

転職に対しても失業保険に関しても。


3 ● HOT
●14ポイント

http://www.campus.ne.jp/~labor/kisoku/990401t_syoumei.html

?J?????S?????Z???^?[?i??E??????/???f????E??????j

退職後、再就職活動を行うのであれば、解雇されたという事実が、悪影響を及ぼす可能性はゼロではないと思います。

http://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/jyosei/jy_004_t.html

地域雇用開発促進助成金

事業主に対する各種助成金の中には、解雇者がいないことが条件となっているものがあります。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~ito-katu/saiteate.htm

$B:F="?&<jEv(B</p>

失業給付を早く受ける方法は、見つかりませんでしたが、雇用保険からは、再就職時の給付も受けられます。


4 ● jampan99
●13ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

基本的に会社都合でなければ、即月対応にはなりません。

会社側の方であれば・・・

会社都合で退職させる場合は、あまりにその人数が多いと労働監督基準局経由でペナルティがきます。


5 ● manekineko12
●13ポイント

http://www.sr-joseikin.com/subsidy1.htm

【助成金の活用なら】SR助成金ネットワーク

特定求職者雇用開発助成金

特定就職困難者雇用開発助成金

緊急就職支援者雇用開発助成金


会社都合の解雇にした際、会社として困るのは。。。。


URLのような助成金を受けている場合、

これが止められますね。

これを、もし受けていない、または受ける予定もないなら、問題ありません。

http://www.sr-joseikin.com/keizoku1.htm

SR助成金ネットワーク

継続雇用?種


この助成金も同じような理由です。

http://www.sr-joseikin.com/sinkiseityou.htm

【助成金の活用なら】SR助成金ネットワーク

新規成長分野雇用創出特別奨励金


これも駄目になります。

http://www.sr-joseikin.com/subsidy1224.htm

【助成金の活用なら】SR助成金ネットワーク

中高年齢者緊急就業開発奨励金


これも駄目になってしまいます。


何らかの助成金を受けている際には、かなり注意が必要です。

http://www.d3.dion.ne.jp/~h_hidaka/column103.htm

?????

その労働者の方が、どのくらい勤務されていたのか不明ですが、自己都合による退職より給付日数が長くなる可能性がありますので、労働者にとっては有利だと言えます。

http://www2.tip.ne.jp/~kondou00/koyo04.htm

「会社都合」退職を

受給日数の違いの一覧です。


労働者が、後で何かの理由をつけて面倒を起さない限りは、会社都合によるものとしても問題ないと思います。(ただし、上記の助成金を受けているときには駄目です)法令順守、という意味からすれば、正しい理由にすべきだとは思いますが。。。。


また、労働者がもっとも早く給付を受けたいとするならば、会社都合による退職になると給付制限(3ヶ月)がかかることなく受けることが可能(離職票提出後、7日経過した日)になるので、一番早くは受けれます。この7日間はどうしても外すことができません。

また、もし自己都合での退職にしても、離職票提出後、すぐに職業訓練を受けるように手続きをとれば、旧制限(3ヶ月)なしで受給できます。


しかし、会社都合による退職、となると、今時多いので気にはならない(周囲の人や、採用の人)とは思いますが、会社倒産、ならともかく、何らかの理由で退職になった、と示唆しているようなものなので次の就職の際に、少し目には見えないハンデにはなるでしょうね。


長くなってしまいましたが、

ご参考になれば幸いです。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ