人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

つぎの人々が“歴史認識”について合意に達するには、どんな資料が
適切でしょうか(5人それぞれが一冊づつ持ちよるのが理想的です)。
あなたの(なるべくユニークなジャンルからの)お奨めをどうぞ。

<PRE>
小泉純一郎 総理大臣87-88 19420108 Japan /慶応大学経済学部卒/ロンドン大学留学
金 正日 北朝鮮主席 2 19420216 Russia /金日成総合大学卒
温 家宝 国務院総理 6 194209‥ China /北京地質学院卒
盧 武鉉 韓国大統領 16 19460806 Korea /釜山商業高校卒
陳 水扁 民国総統10-11 19510218 Taiwan /台湾大学卒/イリノイ&ハーバード大学法学修士
<PRE>

古典的文献には《史記》《三国志》《ローマ帝国衰亡史》《戦争論》
《わが闘争》《第二次大戦回顧録》《毛沢東語録》《昭和史発掘》など
があります。この他、ぜひ加えたい一冊もご紹介ください。

●質問者: adlib
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:china JAPAN Korea Taiwan あなた
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● crosses
●40ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

『ヨーロッパ文明批判序説―植民地・共和国・オリエンタリズム』とか『トレルチの文化哲学』とかはどうでしょう?

◎質問者からの返答

この二冊は、crosses さんの愛読書でしょうか?

いかにすぐれた書物であっても、まず5人の首脳が同意しなければ、

というところが、この質問のねらいなのです。

いま、コラム「威張れる十二人の男たち」を書きはじめています。

つぎの質問とペアになっていますので、ぜひごらんください。

http://www.hatena.ne.jp/1128520310

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ