人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

つぎの7人が“国際協調”について合意に達するには、どんな資料が
必要でしょうか。参照:http://www.hatena.ne.jp/1128516181
各国《憲法&独立宣言文》《聖書》《コーラン》《歴史教科書》他?

<PRE>
Ciampi,Carlo Azeglio 19201209 Italy /ピサ大学/ライプチヒ大学留学
Chirac,Jacques Rene 19321129 France /パリ政治学院&国立行政学院
Martin,Paul 19380828 Canada /トロント大学法学部
Kohler,Horst 19430222 Germany /テュービンゲン大学
Bush,George Walker 19460706 America /イェール大学&ハーバード大学院
Putin,Vladimir V. 19521007 Russia /ウラル工科大学卒業
Blair,Anthony Charles 19530506 Scotland /オックスフォード大学
</PRE>

●質問者: adlib
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:BUSH Scotland イェール大学 ウラ オックスフォード大学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● morimori_68
●40ポイント

http://www.amnesty.or.jp/udhr.html

何はともあれ、これでしょう。

合意への道は正直遠いでしょうが。

◎質問者からの返答

この七人ならば、学生時代にそらんじているのではないでしょうか。

むしろ、この宣言に同意しない人々と融和共存するための国際協調を

模索しているのです(署名するアラファトの写真が痛々しいですね)。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ