人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜ「涙するほどの感動」は、フィクションや「他人の物語」のなかにしか存在しないのですか?

●質問者: michiaki
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:フィクション 存在 物語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 27/27件

▽最新の回答へ

1 ● ikkun
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/!!!:detail]

簡単に言えば他人の話であったり、フィクションだから変な言い方だけど安心して感動できるんじゃないでしょうか?自分の物語であったりすると気づかなかったり、感動する余裕がないのでは?

◎質問者からの返答

なるほど。「安心して感動できる」ですか。

いきなり的を射ている気がします。


2 ● jyojyojyoGeorge
●12ポイント

http://www.nifty.com/denshaotoko/

電車男

ほんとうですよね!その通りだと思いました。

なぜ、涙を流すほどの感動は、自分の人生ではないんだろうって

考えちゃいました。

思ったのは、本人は必死。

当の本人だったら、必死ですよね。

その姿をみて、心を打たれるというか

やっぱり、現在進行形で私がもし何かをやり遂げたり、成功したりするさいちゅう、途上状態だったら

自分の姿に感動している暇なんてないかもしれません。

別な意味でそういう人はいるかもしれませんが。。。

自分の物語で感動できる人は、死ぬ直前に人生を振り返ってとか

そうでない場合、当の本人はとても必死にほかの事を考えてる余裕なんてないから

だと、そう思います。

◎質問者からの返答

「暇」「余裕」ができたときに「振り返る」。

このあたりがキーなのかもしれないですね。


3 ● tamagonokimi
●12ポイント

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Aquarius/7075/trainman.html

電車男

かん‐どう【感動】

[名](スル)ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされること。

つまり、客観的な立場で見ているからこそ人は感動するのです。

もし、自分がとても感動できる物語の主人公と同じような立場であったとして、同じような最終場面に立ち会ったとすると、その感情は「喜び」や「悲しみ」など別の感情だと思います。

他人の気持ちを想像する、他人を応援する。その気持ちを得て、ハッピーエンドを迎えると感動しますよね。

かくゆう私も電車男には感動しました。

テレビ版は原作とあまりにイメージが違ったので見てませんけど・・・こちらのサイトはお勧めです。有名どこなので知ってたらすいません。

◎質問者からの返答

いえ、電車男関連はwebも本も映画もTVも、なにも見ていません。

せっかく薦めていただいたのに申し訳ないのですが。

「客観的な立場で見る」も必要そうですね。

「コイツ、まぁよくやってるよな」ってふうに見てみると、自分の物語にも感動できるかも?


4 ● borin
●40ポイント

http://www5e.biglobe.ne.jp/~muraryo/page036.html

感動とは何か

自分には自分の求めているような感動はなく、

ドラマや映画などのロマンチックな感動がないから、

他のもの、つまり他人やフィクションの感動を求めるんだと思います。


URLは参考程度にどうぞ。

◎質問者からの返答

や、URL、参考になりました。

ロマンは欲しいですよねー。


5 ● jyouseki
●12ポイント

http://www.goo.ne.jp/

goo

自分の目で自分は見えません。

自分を一番知らないのが自分で、知っているのも自分です。

だから、面白さは他人を見ないと感じないのだと思います。

◎質問者からの返答

他人の目で見た自分を知らせてもらったら、

それを面白いと感じられるでしょうか?


1-5件表示/27件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ