人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

A機とB機のLAN接続でパフォーマンスが悪い原因について調べています。A機(100BASE-TX:全二重)とB機(10BASE-T:半二重)の間にSW-HUB(B機側ポートを10-halfに設定)をおいて接続しています。B機からUDPで大量にパケットを流している(映像配信)最中にA機→B機にpingを飛ばすと、パケットロスが発生しました。これはSW-UHBの設定が悪いのでしょうか?それともA機の故障でしょうか? 我々はLANの問題でA機の故障ではないと思うのですが、現象の根拠がわかりません。教えてください。(200pt差し上げます)

●質問者: namakero0818
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:100BASE-Tx 10BASE-T HUB LAN Ping
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● nitscape
●10ポイント

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/Windows/ping-packet-loss.ht...

FAQ for YAMAHA RT Series / Windows

双方のOSは何でしょうか?また距離(ケーブル長)はどのくらいでしょうか?

Windowsですともしかするとarpが絡んでいるかもしれません。チェックしてみてはどうでしょうか?

◎質問者からの返答

OSは、A機:Win-NT Workstation、B機はWindows98SEです。両方とも古いマシンなんです。


2 ● papaw
●200ポイント

http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/eth01/01.html

@IT:連載:進化するイーサネット(1)

イーサネットで接続する場合データ量が増えると急激に伝送品質が低下します。これはデータ同士の衝突(同じタイミングでパケットを出した)がおきやすくなってしまうからです。衝突が起きると次は衝突しないようにタイミングをずらして再度送信します。通信量が多い状態で再送信されるとさらに衝突がおきやすくなるので急激に通信エラーが増えてしまいます。

質問の環境だとB機の環境が10BASE-T:半二重という事とUDPパケットを大量に流していることを考えると、SW-UHBとB機間の通信がぎりぎりの状態になっていると考えられます。さらに、半二重の場合上り通信と下り通信を交代で行う事になるのでA機からのPingはB機のUDPパケットと衝突する可能性が高くなります。

http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/hinemosu_degital/1999/1104.htm...

イーサネットカードの続き

B機の接続を全二重にする事で解決できるのではないでしょうか。


3 ● runeblue
●10ポイント

http://e-words.jp/w/E58D8AE4BA8CE9878D.html

半二重とは 【half duplex】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words

B機のNICが問題ではないでしょうか?


状況や設定によっても異なるので断定は出来ませんが、半二重通信は送信と受信が同時に出来ないので、全帯域を使用している状態のときにPingを飛ばしたらコリジョン(データの衝突に因る損失)が発生する可能性が高いと思います。これがパケットロスの一因ではないでしょうか?


改善策としましては、全二重の100Mbps対応NICに入れ替えてみては如何でしょうか?数千円で購入できると思います

http://e-words.jp/w/E382B3E383AAE382B8E383A7E383B3.html

コリジョンとは 【collision】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words

参考:コリジョンについて


4 ● tsekine
●10ポイント

http://ehos.hp.infoseek.co.jp/Ethernet2.html

Ethernetについて 後編

ここの「フロー制御」の項(の半二重の場合の解説)が参考になるのではないでしょうか。


パケットロスが発生するのは当然だと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ