人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

シンガポールやフィリピンでは、多くの家庭でメイドさんを雇っていますが、日本にはなぜそのような習慣がないのでしょう? というか、共働きなので、メイドさんを雇いたいのですが、その場合、いわゆる最低賃金を支払わないと法に触れることになるのでしょうか?

●質問者: adan
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:シンガポール フィリピン メイドさん 共働き 最低賃金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● a0003119
●15ポイント

http://suisougaku.k-server.org/kaizen/

????J?C?[???v??

シンガポールやフィリピンでは、所得格差が大きいために使用人を雇いやすい環境にあるといえます。またシンガポールは周辺地域からの移民ないし出稼ぎ労働者が多いことも背景にあると思われます。

http://suisougaku.k-server.org/nagoya-biz/index.html

NAGOYA-Biz

日本の場合、使用人給与の相場を考えると、最低賃金を下回るような金額を提示しても、まともな使用人を雇うことはできないと思われます。

http://suisougaku.k-server.org/akita-biz/index.html

AKITA-Biz

家政婦紹介所でも最低賃金を下回る金額を提示されることはまずないでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● sarumi
●15ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

日本の人件費が他の国に比べ激高だからではないでしょうか・・


法に触れるか、というより最低賃金以下で人が来てくれるかどうかが問題では^^;

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● angel_ring
●14ポイント

http://haruto64.hp.infoseek.co.jp/jackie_house_003.htm

hourei_1

昔、日本では「お手伝いさん」と呼ばれていました。お手伝いさんにはついては労働基準法の適用がないので「労働基準法上の最低賃金」の規制はありません。

但し、最近、お手伝いさんのなり手がなく、大卒のサラリーマンを雇う位の給料を出さないと雇えないのが実情ではないでしょうか? 日本では発展途上国からお手伝いさんとして働く場合のビザも許可されていないでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● くまっぷす
●14ポイント

http://www.happy-bears.com/whatis.html

こういうサービスもありますが、それはさておき(当然、料金については労働基準法があるんでボランティアでもない場合最低賃金は払わないとダメですよ)。


日本では昔から女性が家庭を切り盛りする文化だったので、「女中さん」を雇うのは、おかみさんだけでは間に合わないような大店などだけでした。


以下のブログに、ちょっと考察が出ています。

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2005/week30/

極東ブログ: 2005年7月24日 - 2005年7月30日

・女性の社会進出度とそれをサポートする社会構造

・安い外国人労働力が簡単に流入してくること(社会構造や法律でそれをうまくコントロールしている)

などが違いなんでしょうね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● diresu21
●14ポイント

http://kkkkkkkkkkkkkk/

最低の賃金さえも払えないなら、お手伝いさんを雇う「資格」がないのでは? 人を安く使うことしか考えられない方は、やめたほうが身のためでしょう。家庭の事情や個人情報が筒抜けのメイドに恨まれて、嫌がらせをされたら悲惨です。「世間の相場より多めに給料を払ってあげよう」という人徳がないといけません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ