人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

身の回りにある録音した単語を組み合わせるタイプではない音声合成の声が、10年前とあまり変ってないように思えます(声のバリエーションなど)。
他のIT技術を見れば技術開発がされていない思えないのですが、なにか理由があるのでしょうか?

●質問者: kusamakura
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:タイプ バリエーション 単語 技術 身の回り
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● NetVista
●40ポイント

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0405/27/news022.html

ITmedia?j???[?X?F?g?A?j?????h????R???????????????Z?p?A?x?m????V?J??

研究は進んでいると思います。

これまでの音声合成は、明瞭に正しく読み上げることに重点がおかれてきましたが、お客様により快適なサービスを提供するためには、あたかも人間と対話しているような自然で親しみやすい音声対話の実現が重要となります。


明瞭さを追求すると難しいかもしれません。

今後に期待してください。

http://www.createsystem.co.jp/linux.html

日本語音声合成ライブラリ

◎質問者からの返答

研究はされているんですね。

声色があまり変らないのはなぜなのでしょうか。たとえばドラえもんの声を自動合成することは、現在の技術で可能なのでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ