人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ラヴェルのラ・ヴァルスって
ピアノ版とオケ版、どちらが先に書かれたのですか?

●質問者: pena3
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:オケ ピアノ ラヴェル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● yukomimi
●15ポイント

http://www.ne.jp/asahi/piano/natsui/free/free108.htm

『ラ・ヴァルス』はもともと,『交響詩 ウィーン』として構想されていたオーケストラ曲を全面改変し,1920年に『舞踏詩 ラ・ヴァルス』として発表されたものだ。


とありますので、オーケストラ版が先だと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

交響詩ウィーンですか、、、初耳でした。


2 ● ani_yuki2003
●30ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

URLはダミーです。


原曲は有名な管弦楽曲で、はじめは「ウィーン」というタイトルの交響詩と考えていたことからも判るように、ウィンナ・ワルツを念頭に書かれたものです。

この曲をモーリス・ジョゼフ・ラヴェル(1875?1937)は管弦楽版のみならず、2台ピアノ用と独奏ピアノ用の版も書いています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

やはり両バージョンともラヴェル自身によることは間違いないようですね

2台版はアルゲリッチなどの演奏で知っていたのですが、独奏用もあったのですか。。


3 ● yukomimi
●15ポイント

http://www.jsdi.or.jp/~fumipon/ravel_piano.htm

ラベルのピアノ曲

続けて失礼します。


こちらにも、

「ラ・ヴァルスと同様、先にオーケストラ版が作曲され、その後にピアノ編曲版に書き直されているが」という一文があります。


ご参考まで。

◎質問者からの返答

間違いないようですね。

どうもありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ