人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

漠然とした質問で恐縮なのですが、法人税と所得税で取扱い(計算方法等)が違う事項をまとめてあるサイトを教えてください。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:サイト 所得税 法人税 漠然 計算
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● stronger
●18ポイント

http://www.sato-kaikei.com/html/zeimu/houjin-tax.htm

こっちは法人の税金的なメリットなんかが書いてあります。

http://www.manekineko.ne.jp/hy1950/syotokukeisan%20sikumi.html

????????m???????|???????i????j?|?????v?Z??d?g??

こっちは大まかな計算方法です。

◎質問者からの返答

両方とも大変参考になりました。

ありがとうございました。


2 ● aki5921
●18ポイント

http://www1.meijigakuin.ac.jp/~sbessho/22tax2.pdf#search=’謇?蠕礼ィ弱→豕穂ココ遞・:detail]

http://mi-office.cool.ne.jp/hojinnari.htm

個人と法人成り 税負担 比較

両者とも所得税と法人税の比較がなされています。

特に後者は、メリット・デメリットが具体的に挙げられており分かりやすいと思います。

◎質問者からの返答

大変参考になりました。

ありがとうございました。


3 ● white-cherry
●17ポイント

http://www.1-japan.com/public/soleproprietor/taxrate.htm

法人事業と個人事業の税金比較

http://www.nextftp.com/yamase/zeiso/zeiso1.htm

個人と法人

http://www.tabiken.com/history/doc/Q/Q342L100.HTM

こういうのでいいんですかね?

◎質問者からの返答

こういうのでいいです。

何か計算方法が違うというようなものはないのでしょうか。


4 ● souju
●17ポイント

http://www2.ttcn.ne.jp/~mkikuchi/syotokuzeinosikumi.htm

所得税のしくみ

まず所得税の計算方法から。

所得税は個人の所得に課せられる税金ですが,所得の種類によって担税力(税金を負担できる能力)が異なると考えられているため,所得を利子所得,配当所得,不動産所得,事業所得,給与所得,退職所得,山林所得,譲渡所得,一時所得,雑所得に分類して計算を行います。

また,基本的な発想は,収入金額から必要経費(所得区分ごとに定められています。)を引いて所得金額を求め,それに税率をかけるというものです(その他,所得控除,損益通算,税額控除などもあります。)。

ただし,どの段階で税率をかけるかについては所得の種類ごとに決まっており,他の所得と合算した後で累進税率をかけるものもあれば,利子所得のように他の所得と合算することなく税率をかけて計算するものもあります(分離課税。なお,上記リンク先では利子所得も給与所得等と同じ色に区分されていますが,その部分は間違いです。)。

http://www2.ttcn.ne.jp/~mkikuchi/syotokukinngaku.htm

所得金額

次に法人税の計算方法。

法人税は法人の所得に課せられる税金ですが,所得の種類によって担税力が異なるとは考えられていないので,各事業年度の所得(益金の額?損金の額)に税率(公益法人かどうか,資本金の額が1億円を超えるかなどで異なります。)をかけることで求められます。

http://www2.ttcn.ne.jp/~mkikuchi/sonnkinnhusannnyuu.htm

損金不算入

一般論としては,所得税において必要経費として認められる範囲よりも,法人税において損金として認められる範囲の方が広いといえます。

なお,損金として認められない主な例は,上記URLを参照してください。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

??????^?b?N?X?A???T?[(??????k)

上記URLは国税庁のタックスアンサーです。ご参考までに。


さて,法人税と所得税とで取扱いが異なるページとして,今までの回答者さんの提示したページはどれもなかなかよくまとまっていると思いました。

法人税と所得税とではもともと法律の目の付け所が異なるので,取扱いが異なるところは山ほどあります。そのため,細かい取扱いの差異(○○は必要経費として認められるか,損金として認められるかなど)を網羅したサイトはないと思います。

ここから先はperuleさまがどういう動機で,どういう領域を教えて欲しいかが分からないと何ともいえません。

もし学生さんか何かで法人税と所得税の差異を勉強しているのであれば,税法の体系書などでちゃんと勉強する方がいいです。

もし具体的な事業を念頭に置いて,法人化した方が得かどうかということであれば,税理士さんなどに相談する方が早く,また一般的には信頼できる情報を得られるでしょう。

もし,はてなを利用して低廉に情報収集をしたいのであれば,もう少し質問を具体的にされた方がよろしいかと思われます。

◎質問者からの返答

ご丁寧なご回答ありがとうございました。

ご指摘の通り、私自身も質問が具体的でないと感じましたので、質問文に「漠然とした質問で」と書いた次第です。また、機会がありましたらよろしくお願いします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ